「成功するWebサイト戦略手法 "ゲームニクス/ゲーミフィケーション"」イベントレポート(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前編に引き続き,2012年3月17日(土)に開催された,成功するWebサイト戦略手法"ゲームニクス/ゲーミフィケーション"のイベントレポートをお届けします。

久保田氏セッション概要

NHK出版の久保田大海氏が登壇し,ソーシャルメディアとゲーミフィケーションの関係性や,ゲーミフィケーションが実際のWeb制作へ与える影響などについて実例を交えながら解説しました。まず,同氏はゲーミフィケーションの概要について説明しました。米国の市場予測によると,⁠ゲーミフィケーション市場は2011年の1億ドルから,2016年には28億ドルにまで成長するだろう」とのことです。

次に同氏は,Webにとってのゲーミフィケーションは以下の2つの考え方があると示しました。

  • (1)Web上でゲームコンテンツを作る
  • (2)Webにゲームの要素を入れる

まず,⁠1)について実例を示しながら解説しました。例えば,無印良品が展開するMUJI LIFEというソーシャルゲームでは,⁠MUJI COIN」という仮想通貨を使ってユーザーとの関係を強化する試みがなされています。プレイヤーはTwitterやFacebookなどのアカウントでログインすることができ,自分の棚にアイテムを増やしていきます。自分の棚には1日6回,無印良品から段ボールが届き,手に入れたアイテムを並べ,自分らしい棚を作っていくというゲームです。TwitterやFacebookなどで交流を発生させ,継続的にゲームに参加する動機づけを行っているのです。

次に,⁠2)のWebにゲームの要素を入れるためのアプローチには,以下の2通りの考え方があると同氏は指摘しました。

  • 「プラットフォームの利用」⁠パッケージ利用)
  • 「フレームワークに基づく開発手法」⁠スクラッチ開発)

上記の2については,社外向けのオープンWebを例に同氏は解説しました。Webにゲームの要素を入れるためには下図のように,サービス提供者である企業と,Webを閲覧する顧客との間に,新たに「ゲーム層」ともいうべきレイヤーを設けることで関係強化を構築する必要があります。

画像

まず,⁠プラットフォームの利用」について同氏は解説。米国には,以下の「5大プラットフォーム」と呼ばれるサービスがあり,同氏は代表的なプラットフォームの「Bunchball」を例に,⁠アクセス数30%UP」⁠物販47%UP」⁠再訪率47%UP」など具体的数値を引きながらサービスの特徴について解説しました。

  • Bunchball(バンチボール)
  • Badgeville(バッジヴィル)
  • Big Door(ビッグドア)
  • Gigya(ギギャ)
  • Crowdtwist(クラウドツイスト)

これらプラットフォームサービスの特徴は,限られた予算の中でユーザーの行動を解析しながら,サイトを合理的にチューニングしていくことができる点です。

次に,⁠フレームワーク」についての解説です。⁠フレームワーク」は,商品,流通,価格,プロモーションなどの各カテゴリーでゲーミフィケーションを設計し,スクラッチでサイトを構築していく手法です。ここでは,⁠sneakpeeq」⁠スニークピーク)という米国のECサイトの実例が挙げられました。同サイトは,Facebookへのログイン,コンテンツのシェアなど,何かのアクションを起こすごとにご褒美がもらえる仕掛けが随所に散りばめられており,⁠フィードバック」という点が強く意識されています。

フィードバックが繰り返され,プレイ履歴や獲得したものが可視化されると,どんどん継続的にアクションを起こす動機づけになります。また,レベルアップすることで達成感が与えられ,次もクリアしたいという欲求を生んでいきます。さらに,ゴールを明確にして動機づけし,競争や協力を喚起することができます。

こうしたフレームワークは,様々なソーシャルサービスの領域に適用されており,様々なゲーミフィケーションのテクニックについて紹介がありました。

最後に,同氏はセッションの締めくくりとして香港の実業家Michael Wu(マイケル・ウー)の言葉を引用しました。すなわち,⁠ゲーミフィケーションは行動を促進するものではなく,強化するもの」ということです。ゲーミフィケーションの本質は,ユーザーのアクティブ率を上げ,長期的にユーザー行動の変化を促していく点にあることに言及してセッションは終了しました。

著者プロフィール

SwapSkillsDoubbble

SwapSkillsでは毎月行われる勉強会の他に,今回のようなイベントセミナーもDoubbbleという名称で開催している。3月17日に行われた「ゲーミニクス/ゲーミフィケーション」は人を魅了する仕組みやノウハウだが,まずは人を呼び込む流入が必要になる。

4月22日にはWebマーケティングの流入でも大切なソーシャルメディア に関して開催される。

コメント

コメントの記入