SwapSkills(vol.27)「流入を増やす実戦Webライティング術」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

藤木俊明氏による「ソーシャル時代に必要な顧客の心を掴む文章作成のキホン」

続いて,有限会社ガーデンシティ・プランニング代表の藤木俊明氏より,ソーシャルメディアでのテキストライティングで気をつけたいポイントなど,以下の5つのポイントについてセッションを行いました。

  • (1)情報過多のメディアで埋もれない,クリックされるライティング方法5つのポイント
  • (2)ライティングの正確さ・高い作成効率を支える5つのツール
  • (3)ソーシャルメディアでのライティングで気をつけたい5つのポイント
  • (4)⁠仕事を獲得するための文章作成」のポイント
  • (5)メール/企画書の作成

まず,これからの時代は,Web制作者のみならず一般のビジネスマンも「ファンづくりに貢献できる書き手」としてのスキルが求められると言及しました。具体的には,⁠多くの人の目に留まること」⁠読んだ人がブランドを正しく理解できること」⁠その上で,伝え手のメッセージが興味深く伝わること」の3つのポイントです。次に同氏は,クリックされるテキストライティングの方法として,以下の5つのポイントを挙げました。

画像

  • (1)タイトルこそすべて
  • (2)⁠起承転結」ではなく「OBB」
  • (3)⁠あるある」「へえー」
  • (4)リズム感と比喩
  • (5)専門用語は使わない

「タイトルこそすべて」では,⁠3分でわかる」⁠~3つのポイント」など定量データで説明する,メリットを前面に押し出し読者の関心に応えるといったタイトル作成のテクニックが具体例とともに披瀝されました。次に,⁠OBB」ですが,これは,⁠Overview(概要)⁠Background(背景)⁠Benefit(利益)⁠の頭文字で,Webにおける文章は「概要=問題提起」⁠背景=根拠」⁠利益=メリット」という順で展開するとよいという原則です。

画像

また,⁠あるある」「へえー」については,読み手の関心を引くためには,身近な失敗談や陥りやすいポイントを挙げることや,ちょっとした「気づき」を盛り込むことの重要性を,実際の制作事例などを交えながら紹介しました。次に,⁠リズム感と比喩」については,具体的な数値など,実際に光景が読み手に想像できるように文章を書くとよいということでした。

画像

続いて,同氏は,ライティングの正確さを支えるツールを紹介しました。誤変換や入力ミスを減らすため,日本語入力ソフトの辞書登録機能やWebの辞書サービスといった,実際に同氏が活用するツール類が挙げられ,それに続き,⁠ソーシャルメディアでのライティングで気をつけたい5つのポイント」が解説されました。

画像

仕事を獲得するための効果的な文章作成術とは

次に,⁠仕事を獲得するため文章作成」のポイントでは,メールや企画書を例に,上述してきた「タイトル」「OBB」⁠⁠あるある」といったポイントをどのように応用したらよいかが例示されました。特に,企画書についてはあまり長くしない方が効果的という同氏ならではのテクニックが示され,⁠OBBプラス1(企画の骨子)⁠5W1Hではなく6W2H」といった実践的な企画書作成術が紹介されました。

最後に,文章をブラッシュアップするための工夫として,SNSを効果的に活用することが大事だと同氏は語りました。特に,ブログほど長くなく,Twitterよりは文章量を多く書けるFacebookが「練習」には向いており,たとえば,毎日,気になるニュースの感想を更新していくことが大事だということです。この際に,⁠こんなニュースがあった」⁠背景にはこんなことがある」⁠自分の感想はこうである」といった「OBB」スタイルを意識していくとよいとのことでした。

同氏は,セッションの締めくくりとして,実際に担当した案件で文章の校正ミスにより生じた損害などの失敗例について触れました。特に「名前や会社名,住所,電話番号といった相手を特定する情報」⁠商品名や価格,商品番号などのお金に絡む情報」は,公開後に修正が可能なWebであっても絶対に間違えないよう確認を厳重にして欲しいと語り,セッションは終了しました。

画像

「allWebクリエイター塾」では,文章章力を高めていくためのオンライン講座仕事で文章を扱うノンライターのためのオンライン学習 文章力アップ講座を開講しています。現在6月生募集中です。

著者プロフィール

SwapSkills

都内でWebプロフェッショナル向けに講座の開催をしているallWebクリエイター塾主催のマンスリー勉強会。スマホページ・企業サイトもできる! WordPressカスタマイズ講座も開催中!2012年4月28日に開催。