スマートフォン時代のユーザビリティの考え方

第1回 スマートフォンに対応していないサイトの使い勝手を改善するには

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

はじめまして。今回からスマートフォンアプリやスマートフォンサイトの使い勝手について,この場を借りていろいろお伝えしていくことになりました。よろしくお願いします。

筆者は根っからの開発者/エンジニアではありますが,ウェブサイトやサービスの使い勝手には以前から興味があります。2003年(もう11年も前ですね……)にも『PerlによるWebユーザビリティ向上テクニック』という本を上梓していたり,2006年には技術者視点のユーザビリティ考という連載をしていたりと,開発者の視点からユーザビリティについて考えてきました。

筆者はこのところはずっとスマートフォン向けのアプリケーションやゲームなどの開発に携わってきましたので,本連載ではスマートフォン向けのユーザビリティについて,これまで気づいたり考えてきたことなどをお伝えしていければと思っています。

スマートフォンで毎日ウェブを見る人の数は,PCの約2倍もいる

みなさんは,どれぐらいの頻度でスマートフォンでウェブサイトを見るでしょうか。

筆者は,以下のような理由で,近年ウェブサイトをスマートフォンで見る頻度はだんだん上がってきていると感じています。

  • 電車での移動時間を情報収集に当てているため,技術系のニュースやブログをよく読んでいる
  • わからないこと,気になることがあるとすぐに調べるようにしているため,検索エンジンの検索結果からページを閲覧している
  • 最近料理を頻繁にするため,レシピを検索している

筆者は,仕事柄PCの前に座っている時間がかなり長いというか,起きている時間の大半をPCの前で過ごしている気がしますし,PCでも相変わらずかなりの頻度でウェブページを閲覧しています。それでも,スマートフォン(iPhone)を持つようになって4年ぐらいの間に,スマートフォンでウェブページを見る頻度は徐々に上がってきています。

この傾向は,特に筆者に限ったことではないようです。Nielsenの2014年2月末の発表によればアメリカ,イギリス,イタリアにおける2013年第4四半期のユーザー調査において,スマートフォンでのウェブ利用の時間がPCでのウェブ利用の時間を上回っていたということです。

日本においても,株式会社リビジェンの10代~30代を対象とした調査によれば,スマートフォンで毎日ウェブサイトを閲覧している人は79.8%で,PCで毎日ウェブサイトを閲覧している人(39.4%)の約2倍もいるということがわかります。

筆者の経験から考えると,こういうのは習慣になっているかどうかの問題というか,何かを知りたい,調べたい,情報を得たいと思うときに「スマートフォンを使う」という選択肢を思いつくかどうかの問題ではないかと思います。つまり、徐々にこうした日常の情報の摂取にスマートフォンを使うことが習慣になっている人が増えているということです。

また最近ではFacebookやTwitterなどのSNSをスマートフォンで見ていて,そこでだれかがシェアしたページをそのままスマートフォンで見るケースが増えたことや,SmartNews,Gunosy,Antennaといったニュースアプリの普及なども,スマートフォンの閲覧頻度が増えた理由でしょう。

この手の「Webの利用がPCからスマートフォンに移ってきている」という情報は,検索するとたくさん見つけることができます。たとえば,同じくニールセンの2013年12月の発表によれば,2013年はパソコンからのインターネットサービス利用は減少し,スマートフォン転換の年になったと述べられています。

さらにモバイル端末からしか接触しないネットユーザーが急増という記事もあり,そもそもPCをまったく使わず,モバイルのみのユーザーも増えているようです。

スマートフォン対応をしていないウェブサイトは,まだまだ多数

いずれにせよ,スマートフォンでウェブページを閲覧する機会は増えてきましたが,では「スマートフォンで快適にウェブサイトを見ることができる環境が整っているのか」というと,まだまだまったくそうはなっていないような気がします。

では,スマートフォンでのウェブページの閲覧を妨げているものは何なのでしょうか。

まず問題となるのは,そもそもスマートフォンに対応していないサイトです。世の中のサイトがどれくらいスマートフォン対応しているのかというと,ちょっと古い調査ではありますが,D2Cの2013年5月の調査では,調査企業全体でサイトのスマートフォン対応を行っている企業が22.9%,B2Cのサイトに限定しても42.0%ということで,まだまだ少ないのが現状です。

もちろん,その中にはあまりアクセスを集めていないサイトもあるでしょうし,アクセス数の多いサイトのほうがスマートフォン対応している可能性も高いでしょうから,実際にユーザーとしてアクセスした際にPC向けのページに遭遇する確率はもう少し低いかもしれません。しかし,中にはスマートフォン関連の情報を扱っているのにスマートフォン対応していないサイトもあったりします。

たとえばAppleは,先日"UI Design Dos and Don'ts"というiOS上でのデザインのべからず集を公開しました。筆者はFacebookで知人がシェアしていたのをきっかけにそのページにiPhoneからアクセスしたのですが,思いきりPCサイトしか用意されておらず,⁠おいおい」と思ったのを覚えています。

Appleの公開する"UI Design Dos and Don'ts"

Appleの公開する

ちなみに,上記の割合は日本での数字ですが,世界での数字としてAtlas21の行った調査によれば,世界企業番付「GLOBAL500」2013年版(米経済誌フォーチュン)に掲載された500社の企業サイトのうち180社,つまり全体の36%がマルチデバイス対応をしていたとのこと。世界的にも,そんな割合のようです。

著者プロフィール

水野貴明(みずのたかあき)

ソフトウエア開発者兼技術系ライター。飽きっぽい性格だがプログラミングだけは小学3年生でに初めて触れて以来飽きることなく続いているのでつくづく性に合っていると感じてる。最近はウェブサービスやゲームのサーバサイド,スマートフォンのアプリケーション開発などが中心。訳書に『JavaScript: The Good Parts』(オライリー・ジャパン),『サードパーティJavaScript』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)など。保育園児の息子とともに眠り,早朝起きて仕事をする生活を実践中。

URL:http://takaaki.info/

コメント

コメントの記入