WEB DESIGN WORKSHOP「正しいウェブデザイン」

第2回 TRAFFIC ACQUISITION「トラフィックの確保」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

ウェブサイトへの集客プラン

ビジターを集客する事はどのようなウェブサイトにも共通する課題である。ただウェブサイトを作るだけではユーザーのトラフィックを確保することはできない。様々な目的や目標を持ったウェブサイトへ効率よく,効果的にターゲットユーザーを集客するプランを立てるプロセスとはどのようなものだろうか? 今回はウェブサイトへの様々な集客方法と集客プランの立て方を考える。

TRAFFIC CHARACTERISTICS トラフィックの特徴

まずウェブサイトと同じように,トラフィック自体の特徴を見極めよう。プランを立てるためには「誰に,どのように,どれくらい」来てほしいかを仮定する必要がある。もちろん「ビジターは多い事に越したことは無い」場合が多いと思うが,ビジターのターゲット層を絞り,有効的な期間にトラフィックを集中させることも重要である。例えば販売促進のキャンペーンでは期間中に新規顧客の個人情報を多く取得するため,新規ビジターを短期間で集客しなければならない。ファン層の囲い込みを行う場合は長期にわたり定期的にリピーターを集客する必要がある。また,商材によってターゲットの性別や年齢を考慮したプランが必要となる。

ターゲットを考慮したトラフィックプラン例

  • 3ヶ月間のキャンペーン期間中に25才~35才の新規男性ビジター50万人を集客したい。
  • 無期限で5000人の15~25歳のリピーター女性ビジターを週一回集客したい。
  • ブログを持っている新規ビジターを毎月1万人集客したい。

MULTIPLE ENTERANCES 複数の集客導線を設ける

ウェブサイトへの入り口は一箇所である必要は無い。多くのビジターを確保するためにはサイトへの集客導線をできるだけ多く設け,包括的な対策を行う必要がある。ビジターがサイトを訪れるまでは異なる様々なモティベーションや意識を持っているため,これらの集客方法の特徴を理解せずには,ウェブサイトに適した集客プランを立てることはできない。

関連サイトからのリンク

集客を行うウェブサイトに関連する全てのウェブサイトは効果的な集客導線となる。対象がキャンペーンサイトなどである場合,親にあたる公式サイトや,同列の他キャンペーンサイトからは必ずリンクを行うべきである。製作者やクライアントが自由に更新を行えるサイトからは積極的にリンクを設けるようにしよう。

リスティング広告

新しいサイトにとって,リスティング(検索キーワードに連動し,検索結果として表示されるテキスト広告)は大変重要である。関連する検索からの受動的なユーザーの誘導に加え,積極的にそのウェブサイトを検索するユーザーにSEOを必要とせずに,検索結果として表示できる。キャンペーンサイトなどはユーザーの覚えやすいキーワードと連動することで検索するモティベーションをユーザーに与えることもでき,キーワードの選別により,効果的にターゲット層に該当するビジターを獲得することができる。さらにウェブサイトに効果的なアクセスのインセンティブとなるコンテンツがある場合,リスティング広告内でそれを明記することにより集客効果を高めることができる。

ユーザーモティベーションと連動したキーワード設定例

画像

ブログ

ウェブサイトへの集客導線の中で極めて重要な手法がブログを活用したプロモーションである。テクノラティの2007年4月の調査によるとトラッキングを行っている全世界七千万以上のブログのうち37%(2600万件程)が日本語のものだ。少なくとも日本人口の約2割がブログを持っているという計算になる。この数字から見ただけでも,ブログを有効活用することがウェブサイトの大きな集客につながることは言うまでも無い。効果的にブログへの掲載や集客導線となるリンクを獲得するためにはブログパーツ,ブログプレーヤー,ブログリリースの3つのツールを活用する。

ブログパーツ

ブログに個性を持たせたいと思うユーザーに対し,ブログパーツを提供する事はとても効果的なウェブサイトへの集客導線を生むことになる。まず,関連するブログに貼られることが多い。例として筆者が作成した男性物の高級時計ブランドの時計ブログパーツはターゲットに合った25~35歳の男性ユーザーが多くブログに貼り,同じターゲット層のブログ読者へと広まった。コンシューマー向け化粧品のブログパーツは15~35歳の女性ユーザーのブログに多く登場した。また,これらのブログパーツは一度掲載されるとブログのデザインがリニューアルされるまで,外される事は少なく,ブログからブログパーツを見たユーザーも自分のブログに貼る。ブログパーツによりターゲット層に合った広告枠とウェブサイトへの集客導線が,広く,長期的に確保できるのだ。

集客導線確保のためのブログパーツ活用事例

タグホイヤーブログパーツ
タグホイヤーが4年間の開発期間を経て,独自に考案,開発特許を取得したムーブメント「キャリバーS」を,ウェブ上で忠実に再現したブログパーツ。
ANGELFIT ブログパーツ
東京とニューヨークの時間が表示され,ブログに合わせてカスタマイズ可能なメイベリンニューヨーク エンジェルフィット ブログパーツ。
Another Bookmark ブログパーツ(カスタマイズ可能)
Another Bookmarkの最新投稿を表示するブログパーツ。ブログに合わせて,より詳細にカスタマイズすることが可能。

ブログパーツをユーザーが貼りやすくするために面白い企画を行うことも当然だが,装飾品として,広告を載せず,ブログにあわせてカスタマイズ(サイズ,色など)を可能にすることも効果的だ。またブログパーツからの更なる二次的な波及効果を狙い貼り付けソースやダウンロードページへのリンクを載せることも重要である。またSEO効果を高めるためにJAVASCRIPTが切られている,またはFLASHPLAYERがインストールされていない場合に表示する代替画像・テキストにウェブサイトへのリンクを含むべきである。

また,ブログパーツを公開した際は「ブログパーツ」というキーワードの検索結果に表示されるプログパーツのニュースサイトへ掲載することが有力な集客方法となる。

ブログプレーヤー

サイト上でCMなどの映像コンテンツを配信する場合,ブログパーツとして映像プレーヤーを配布する事はとても効果的である。通常のブログパーツとは違い,エントリーに貼られることが多いが,その分ユーザーも気軽に貼ることができる。さらにYoutubeのプレーヤー等を通じて広めるバイラルコンテンツとは違い,プレーヤーにブランドロゴなどを含め,サイトへのリンクを行うことができる。通常のブログパーツ同様,ダウンロード用のソースやリンク,代替(オルタネート)画像・テキストも用意するべきである。

映像コンテンツを利用したブログパーツ活用事例

MASCARAMAGAZINE TV-CM
「ボリューム エクスプレス ターボ ブースト」のTVCMが表示できるブログパーツ。

ブログリリース

ジャーナリスト向けのプレスリリースには掲載内容をコントロールするだけでなく,記事の執筆の負担を軽減し,掲載を促す効果がある。ウェブサイトやコンテンツにもブログに向けた「ブログリリース」が効果的である。HTMLコードをコピーペーストすることによりブログを持つユーザーは安易にウェブサイトやコンテンツの紹介を行える。また,そのHTMLコードがリンクやキーワードを含むことでウェブサイトへのSEO効果も期待できる。また,各種ウェブメディアに対するプレスリリースとしても活用できる。

ブロガーに向けたブログリリース活用事例

MASCARAMAGAZINE ブログレビュー
ブログエントリーでマスカラマガジンの紹介を補助するタグを提供する。抽選でマスカラ商品をプレゼント。
タグホイヤー ブログリリース
ブログエントリータグ・ホイヤー フォーミュラ1 ドリーム・キャンペーンの紹介を補助するタグを提供する。

著者プロフィール

荻野英希(おぎのひでき)

FICC inc. 代表。ファッションブランドのアートディレクターを勤め,ウェブプロデューサーとして様々なブランドや企業のウェブプロモーションを手がける。デザインポータルAnotherbookmarkの運営や雑誌連載の執筆など,幅広い活動を行っている。

URLhttp://www.ficc.jp/

コメント

コメントの記入