WEB DESIGN WORKSHOP「正しいウェブデザイン」

第4回 Raising RVR 「リピート訪問率を上げる」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

ウェブサイトにとって,リピート訪問率は大変重要である。新規訪問者を獲得し,リピート訪問者にすることで,サイトへのトラフィックは安定し,成長する。また,リピーターはサイトの情報に対し,接触する頻度が高いため,コンバージョン率が新規訪問者に比10倍以上とも言われる。ウェブサイトへ効果的な集客を行い,リピート率を高めることにより,広告などの集客活動に対する費用対効果を高め,トラフィックを伸ばし,口コミなどによる広まりを増加させ,コンバージョン率も上げる。効果的にユーザーを囲い込み,サイトへ繰り返し訪れてもらうには以下の対策が必要となる。ユーザーが求める価値のあるコンテンツやサービスを提供することにより,ユーザーを「固定客化」し,リピート率を上げることが出来るのだ。

  • ユーザーのニーズに応えるコンテンツ提供
  • 更新頻度を高める
  • リピートプロモーション

ユーザーのニーズを理解し,ニーズに応えるコンテンツを提供する。

ウェブサイトのコンテンツを企画する際,どのようなコンテンツがユーザーに求められているかを理解する必要がある。検索エンジンから特定のキーワードが検索されたボリュームを参考にし,ユーザーがどのようなコンテンツを求めているかを想定する。Googleのキーワードツールなどから関連するキーワードの検索ボリュームを調べることができるので,参考にすると良いだろう。また,競合サイトのURLやキーワードから関連するキーワードも調べられる。

以前のキーワードアドバイスツールのように数値は表示されないが,コンテンツプランニングを行うには十分なデータが提供される。

例えば「マスカラ」と入力すれば,検索が多いブランドの順だけでなく,マスカラに求められている特長,ユーザーがマスカラを選ぶ際のモティベーションまで明確にわかる。プロモーションを行う際は特徴を明確化し,人気ランキングなどのコンテンツを提供することが好ましい。

また,検索キーワードからは見えない,実際のユーザーの声を読み理解することも重要だ。TechnoratiやGoogleのブログ検索※1から,関連するブログ記事を読むことにより,プロダクトやサービスがどのような情報や印象をユーザーに与えているかがわかる。特定のマスカラを調べたところ,そのマスカラに対し正しい使い方や塗り方がわからず効果に不満を持つユーザーと,うまく使用でき効果を絶賛するユーザーがの両方が存在することがわかった。キーワードツールでも「塗り方」,「使い方」,「つけ方」などのキーワードが存在していたため,正しいマスカラの使い方などのHOWTO的なコンテンツがユーザーに求められていることがわかる。

画像

※1
Technorati ブログ検索
ブログ記事に特化した検索エンジン。特定のキーワードに対し,どのようなブログ記事が存在するか,ブログを中心にどのようなキーワードが話題となっているかが理解できる。
Google ブログ検索
Googleが提供するブログ検索。
Yahoo ブログ検索
Yahooが提供するブログ検索。

CMSを活用し更新頻度を高め,定期的なコンテンツを提供する

更新を高めるためのCMS

サイトへのリピート率を高める上で最も重要なことは,ユーザーが求めるコンテンツを高い頻度で提供し続けることだ。

ユーザーがサイトへ訪れる主なモティベーションは新しい情報の取得であり,ユーザーは更新が行われないサイトへ何度も訪れることは無い。

ユーザーがどのようなコンテンツを求めているか明確に定義できたら,それらのコンテンツの更新頻度を高め,情報を提供し続けなければならない。

更新頻度を高め続けることは容易なことではない。情報を配信する側のモティベーションも高く持ち続けなければならないからだ。

そのため,配信側のモティベーションを下げることのないよう,更新作業が簡単に行え,「いつでも,だれでも,簡単に」情報の発信ができる環境の構築が必要になってくる。そこでサイトの更新コンテンツにコンテンツ管理システム(以下:CMS)を使用することをお薦めする。

CMSはMovable TypeやWordPress※2といったブログツールなども含み,サイト上のコンテンツ情報を管理・運営するためのツールである。導入に特別な制限のあるわけではなく,利用にはネット環境とブラウザさえあれば管理画面からコンテンツの作成・編集が可能となる。作成したコンテンツは基本的に時系列順で管理されるため,更新日を記載し,更新がこまめに行われていることをユーザーに明確に提示することもできる。

また,CMSによっては更新を行う管理者を複数管理することもでき,社内の担当者ごとに権限を振分け,承認作業を行い公開するといった更新環境を構築することもできる。

CMSを導入することで更新を行うことにストレスを感じるような要素はできるだけ排除することでより円滑に更新プロセスを行うことができるのだ。

※2
Movable Type
Six Apart社のブログシステム。拡張性の高いシステムとしてブログツールの定番となっている。システムはPerlとPHPで作成されており,ページ生成方法も静的と動的を切り替えられる。またMySQL,PostgreSQL,SQLiteといった複数のデータベースにも対応している。主に日本のユーザーや企業の間で多く使用されており,Version 4がリリースされたことによりさらに機能が充実した。
GPLライセンス化したMovable Typeをリリースする MTOS(Movable Type Open Source)プロジェクトも発表されている。
WordPress
PHPで作成され,動的なページ生成を行うオープンソースのブログシステム。データベースはMySQLに対応しており,海外ではMovable Typeを抜くシェア率を持つブログツール。
WordPress Japanによってインタフェースが日本語化された多言語対応版WordPress MEのリリースによって日本国内でのシェア率も大きく伸ばしている。

著者プロフィール

荻野英希(おぎのひでき)

FICC inc. 代表。ファッションブランドのアートディレクターを勤め,ウェブプロデューサーとして様々なブランドや企業のウェブプロモーションを手がける。デザインポータルAnotherbookmarkの運営や雑誌連載の執筆など,幅広い活動を行っている。

URLhttp://www.ficc.jp/

コメント

コメントの記入