WEB DESIGN WORKSHOP「正しいウェブデザイン」

第8回 User Landing through F.A.Q. Contents「FAQコンテンツを使ったLPO」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ウェブサイトはコンテンツ検索キーワードをマッチングさせることで,サイトコンテンツを「情報」として,ターゲットとなるユーザーニーズに「価値あるソリューション」を提供することが出来る。一方的に情報を配信するだけのマスメディア広告とは違い,購買に有効なユーザーが持つ個別のニーズに対し,直接アプローチをすることが出来るのだ。

しかしユーザーは様々なキーワードで検索を行い,通常のウェブサイトのコンテンツ構成ではそれらをカバーすることはできない。製品やサービスをソリューションとして,それらを求めるユーザーに届けるためにはFAQを活用することで,全キーワードをカバーするランディングページを作成することが効果的だ。

キーワードの洗い出し

FAQの制作にはサイトのコンテンツプランニング時に作成したキーワードリストを使用する。まずは製品やサービスのカテゴリー,特性,ブランド名や会社名などのメインのキーワードをリストアップし,以下のサービスから関連した検索を調べる。

Google キーワードツール
キーワードに対する関連検索を最大150項目まで表示でき,エクセル用のファイルを書き出すことができる。このファイルをベースにユーザーニーズを管理する。
Overtureスポンサードサーチ
メインキーワードに関連する新たなキーワードを検索数の目安と共に参照できる。ここで拾った新たな関連キーワードを再度キーワードツールに入れると良いだろう。
FERRET
入力されたキーワードに対する関連検索を検索数の目安と共に参照できる。Googleキーワードツールより多くのバリエーションが出るので,エクセルファイルと比較して足りないものを加えよう。Googleキーワードツールの「平均検索ボリューム」は後ほどキーワードのソートに使用するので,FERRETから拾ったキーワードは再度キーワードツールで調べておく。

有効キーワードのフィルタリング

作成したリストから提供する製品やサービスの購買に繋がるキーワードをフィルタリングしていく。いくらユーザーのランディングを獲得できても,ページ上の情報がユーザーのニーズとマッチングしていなければコンバージョンはありえない。ユーザーのコンバージョンが行われないページの制作は無駄な労力となってしまうので,ウェブサイトが高い効果を発揮するためには,有効キーワードのフィルタリングがとても重要である。

例としてFICCでLPOを行った場合:

メインキーワード
ウェブ制作,プロモーション,ブランディング
Overtureから得た関連キーワード
Web,ウェブサイト,構築,デザイン,企業,マーケティング,コンサルティング,CI,集客,ブランドイメージ,開発,ブログパーツ

上記のキーワードをキーワードツールとFERRETで調べると2000件以上の関連キーワードリストになるが,もちろんFICCのサービスや製品に関連性の無いものが多い。関連性のあるものだけのフィルタリングし,キーワードツールによって調べた平均検索ボリュームを参考に検索ボリュームの「きわめて少ない」キーワードを排除することで159件の具体的なユーザーニーズを反映したキーワードリストが出来上がる。

フィルタリングされたキーワードリスト

フィルタリングされたキーワードリスト

著者プロフィール

荻野英希(おぎのひでき)

FICC inc. 代表。ファッションブランドのアートディレクターを勤め,ウェブプロデューサーとして様々なブランドや企業のウェブプロモーションを手がける。デザインポータルAnotherbookmarkの運営や雑誌連載の執筆など,幅広い活動を行っている。

URLhttp://www.ficc.jp/

コメント

コメントの記入