WEB DESIGN WORKSHOP「正しいウェブデザイン」

第9回 Blog Promotions「ブログプロモーション」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Sifry's AlertsのState of the Blogosphereによると2007年4月の時点でブログの数は7000万件,うち37%(25,900,000件)は日本語である。この言語比率とBlogosphere(ブログ界の)成長率(一日:12万件)が維持されているとすると,現在の日本語でのブログの数は4000万件を超えることになる。まさに「国民的」とも言えるこの動向は「一個人のブログ」という驚異的な規模のメディアと,それを媒体として活用する様々なビジネスモデルを生みだした。

中でも金銭的報酬をブロガーに支払い,サービスや製品のモニター記事などを書かせるブログプロモーションの業種は急激な成長を遂げている。これはブログがプロモーションに適した,たくさんのメリットを持った魅力的な媒体であることが理由である。

  • 掲載費用が安価な媒体である
  • ジャンルを通じターゲティングがしやすい媒体である
  • エンドユーザーとの距離が近い媒体である
  • 従来の広告よりユーザーがコンバージョンしやすいクチコミ力の強い媒体である

また,あくまで副産物ではあるが,媒体がブログ記事であるためWebサイトへの被リンク数を増やし,SEO効果も生む。記事が古くなってもユーザーニーズを反映したキーワードが書かれていれば,プロモーション期間後もブログ記事は効果的なランディングページとして機能するのだ。

ブログプロモーションの種類と活用方法

金銭報酬がブロガーに支払われる以上,ブログプロモーションは「広告」ではあるが,情報の提供は企業ではなくブロガー本人の言葉で行われるため,その性質は雑誌やニュースなどによるペイドパブリシティ(記事広告)に似ている。

ブログプロモーションもペイドパブリシティも口コミである事をユーザーに認識させ,広告情報に対する警戒を軽減することが目的であるため,種類によって最適な広告色の少ない書き方を誘発することが重要である。

ブログプロモーションは記事を書くブロガーのインフルエンス(影響力)によって3種類に分類され,活用方法も変わる。

インフルエンサーブロガーブログの執筆者自身の知名度により大量のトラフィックを確保しているブロガー。ブログ自体の内容や情報よりも,タレントとしての芸能活動などがブログの影響力を左右する。
パワーブロガー特定のターゲットに対し特定の分野の専門知識を記事として提供し,その内容によって大きなトラフィックを確保しているブロガー。強い発言力を持った「個人」であるため,企業に対しパワーブロガーは有効的な媒体であると共に「脅威」的な存在にもなりうる。
一般ブロガー個人的な「日記」を公開しているブロガー。中にはターゲティングされた記事を通じてトラフィックを確保している一般ブロガーもいる。

インフルエンサーブロガーの活用方法

主にモデルやタレントであるインフルエンサーブロガーは一般人の認知度が高いだけではなく,特定の層にファンがいることが多い。どのようなユーザーがそのブログを見ているかによって,キャスティングを行うべきである。また,そのようなインフルエンサーは他媒体ですでに競合などと契約を行っている可能性もあるため,事前に詳しいリサーチが必要である。

インフルエンサーブロガーは最も影響力の強いウェブ上の媒体であるとともに,公の人物であるために「やらせ」に見えてしまうリスクが高い。回避するためにはインフルエンサーに必ず宣伝するサービスや製品を自身で体験し,自身の言葉で嘘のない記事を書く必要がある。その中で正直に人に勧められる点や,競合製品・サービスとの差別要因だけにフォーカスして記事を書けば,「やらせ」にはならない。

インフルエンサーブロガーによって効果的な記事が書かれれば,そのブログからウェブサイトへ大量のユーザーがランディング(到達)する。その後,しっかりとコンバージョンを行うために到達先にはターゲットユーザーに向けたインセンティブが明確に表示されている必要がある。

画像

著者プロフィール

荻野英希(おぎのひでき)

FICC inc. 代表。ファッションブランドのアートディレクターを勤め,ウェブプロデューサーとして様々なブランドや企業のウェブプロモーションを手がける。デザインポータルAnotherbookmarkの運営や雑誌連載の執筆など,幅広い活動を行っている。

URLhttp://www.ficc.jp/

コメント

コメントの記入