圏外からのWeb未来観測

第1回 頓智・CEO 井口尊仁

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

画像

【写真提供:頓智・】

「哲人CEO」―エキゾチックな風貌でモバイルインターネットの未来像を語る頓智・⁠トンチドット)の井口尊仁CEOに,そんな印象を受けました。しかし,その原点には意外に泥臭い話が…。

(撮影:平野正樹)

Macを没収されたCOBOLプログラマ時代

中島:セカイカメラは,2009 Crunchies Awards注1に選出されるなど,海外からも高く評価されているユニークなプロダクトだと思いますが,日本で突然変異的にこういうものが飛び出してきたことに驚きました。そこでまず,井口さんの個人史というか,これまでどんな分野で活躍されていたのかについて,お聞きしたいのですが。

井口:最初はCOBOL で金融系オンラインシステムの開発をしていました。

中島:そうなんですか,それは意外ですね。

井口:私はコードを書くことが大好きですぐに書いてしまうんですが,そこは1月計算であまり早めに終わると困る世界でした。2時間の仕事を2ヶ月の仕事にして,2ヶ月分のお金をもらえるようにしないといけない。

中島:ああ,そういう雰囲気はよくわかります。

頓智・CEOの井口尊仁 氏

頓智・CEOの井口尊仁 氏

井口:プログラムを書いちゃいけないことがつらくなってきたんで,Macを買って,寮で夜通し自分のプログラムを書いてました。HyperCard注2とか大好きで,気付いたら,ずっと何か発明してるんですね。P2Pのアバターチャットとか,俳句ジェネレータとか,いろんなものを書いてました。ところが,寮にいる時間は本来プライベートな時間だと思うんですが,それが見つかって会社に怒られてしまいました。違うプリンシプルに則っているコードの体系とかシステムの体系にいるってことが,集団組織としては許容できないわけです。それで結局,⁠革命思想にとらわれているコミュニスト(共産主義者)⁠ってことにされてしまい,会社から一式剥奪されてしまいました。

中島:Macを取り上げられちゃんたんですか。

井口:ええ。

中島:個人の持ち物を取り上げるっていうのは滅茶苦茶だと思うんですが,その文化的ギャップみたいなものはよくわかるような気がします。私もCOBOL プログラマで大手ベンダー寄りの世界にいました,というか今でもそういう部分もあるので。

井口:クリエィティブであることが許されない世界で,これは大きな挫折でした。

中島:なるほど。

井口:その次は,とにかくクリエイティブでいても怒られない社会に身を投じようと思って,マルチメディアとかゲームとかHyperCardとかそういうことができる会社を選びました。そこでは,デジタルコミックのプラットフォームを作って世界的に展開しようと思ってやってたんですけど,途中で中断になってしまいました。最終的には会社の予算が尽きちゃったわけですよ。そこは,ソフトウェアにおけるクリエイティビティの重要性をよく理解していて,クリエイティブなアイデアやプランに対してちゃんとお金を出すところでした。中身とか採算に関してはどうのこうの細かくチェックしないんですよ。その結果傾いたのかもしれないんですけど。

中島:うん,そこが難しいところですね。

セカイカメラは頓智・が開発したiPhone用AR(Augmented Reality)アプリケーション。カメラで写す目の前の光景に,ユーザが投稿した「エアタグ」が重なって表示される(写真提供:頓智・)

セカイカメラは頓智・が開発したiPhone用AR(Augmented Reality)アプリケーション。カメラで写す目の前の光景に,ユーザが投稿した「エアタグ」が重なって表示される(写真提供:頓智・)

注1)
Web界のアカデミー賞とも言われる,有名ブログTechCrunch主催のイベント。
注2)
Mac用のビジュアルプログラミング環境。

ブログ的システムを独自開発したが早過ぎて理解されない

井口:それで,お金を引き寄せて人を集めて,それをどう世の中に伝えてくかってことを含めてエンジニアリングなんだと思うようになって,そこからは,自分にとってごく自然なこととして,起業して自分の会社をやるという方向にいきました。頓智・の前に,デジタオっていう会社を約10年やってたんですけど,1998年創業で,2001年の段階でブログとソーシャルネットと広告のオークションマーケットのシステムを完成させて,しかもモバイルでも動いていた。

中島:2001年にですか。それは凄いですね。

井口:ところが,それは早過ぎたんですね。理解されないというより馬鹿にされるという感じでたいへんでした。そのころはブログっていう言葉もなかったし,個人の日記をビジネスの対象にしようっていうのは相当クレイジーだったんですよ。プレゼンテーションをしても,⁠言ってることがまったくわからない。個人が個人のコンテンツをジェネレートする社会にどんな未来があるのか。そんなものは2ちゃんねるの便所の落書きと変わらない」―Web 2.0の到来を誰も予想できない。認められないっていうか,馬鹿にされてました。早過ぎるんですよ。セカイカメラももしかすると(笑)⁠

中島:それはたいへんだったと思いますが,ちょっと耳が痛い話です。というのは,私はそのころ,そういうアイデアを却下する側に回ったという苦い経験があります。あるプロジェクトを継続するか中断するかという状態で,部下がブログのようなアイデアを出してきたんですね。それに対して「おまえ何を考えてるんだ,個人の日記が―」とまさに同じことを言って却下してしまいました。

井口:そういう変化は突然変異で発生するもので,計画的にはできない部分がありますからね。

著者プロフィール

中島拓(なかじまたく)

ソフトウェア技術者として,汎用機上での大規模プロジェクト,ミニコンによる制御システム,パソコン用のパッケージソフト,オープンソースソフトウェア(Amrita,ReviewableMindなど)といった,幅広い分野での開発に携わる。アンカテのブロガーとして,2006年アルファブロガーに選出される。現職 株式会社ブレーン 研究部長

アンカテ:http://d.hatena.ne.jp/essa/

コメント

コメントの記入