サンフランシスコ/シリコンバレー 最新Webトレンドレポート

第2回 23andMe―次世代のDNA分析サービス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Webサービスの最先端を走る,アメリカサンフランシスコより,ベンチャー企業が参加するイベントや,関係者のインタビューなどから得られるホットな最新情報をお届けいたします。

SFNewTechから

今回も前回と同様にサンフランシスコにて月一に行われているネットベンチャーによるイベント,SFNewTechにて見つけた興味深いサービスをご紹介します。通常,このイベントにてプレゼンを行う会社の多くが,サイト上のみで展開するタイプのサービスを提供しているケースが多いのですが,今回ご紹介する会社は,ネットとリアルのサービスをうまく融合させた点において,とてもユニークだと言えます。既存のビジネスモデルにインターネット技術を導入することで,まったく新しいサービスを生み出したという斬新なモデルです。

23andMeという企業

ここシリコンバレーではITと共に世界的に注目されているビジネスとして,バイオテック産業があります。1990年代の中頃からネットベンチャーが,そして2000年当初よりバイオベンチャーが注目されてきています。

そして,最近その2つを融合させた23andMe図1という会社が大変注目されています。2008年度における今年最大の発明大賞(Invention of the year)を,Time Magazine社から受賞したこの会社が提供しているサービスを一言で言うと,ネットを使って,誰でも簡単に自分のDNAテストが受けられるというもの。

図1 23andMe

図1 23andMe

テストキット+Webを利用した遺伝子検査

ユーザはサイトにてアカウント作成後,$399にてサービスを申し込みます図2)。数日後に送られてくるテストキット写真1を使い唾液の採取を行った後,キットを送り返します。

図2 DNAテスト申し込み画面

図2 DNAテスト申し込み画面

写真1 23andMe DNAテストキット

写真1 23andMe DNAテストキット

オンラインで確認できる検査結果

23andMeは送り返されてきたテストキットに含まれる唾液からDNAの分析を行い,10週間以内にサイトにそのテストデータをアップします。その時点でユーザにメールが送られ,アカウントにログインすることでテスト結果を見られます図3)。このテスト結果画面では,自分の染色体マップをはじめとして,各種病気における発病の可能性,アルコールへの抗体性,アレルギーに関する情報,そして自身の遺伝子的なルーツを探ることも可能です図4)。多人種国家であるアメリカのユーザにとっては,遺伝子的にどのような人種が含まれているかを知るのは,大変興味深いことであり,革新的なことでもあります図5)。

図3 テスト結果の閲覧

図3 テスト結果の閲覧

図4 遺伝子のルーツを確認できる

図4 遺伝子のルーツを確認できる

図5 自分の遺伝的な要素を見ることが可能

図5 自分の遺伝的な要素を見ることが可能

著者プロフィール

Brandon K. Hill(ブランドン・ヒル)

サンフランシスコに本社を置くグローバルクリエイティブエージェンシー, btrax(ビートラックス)CEO。

Website:http://www.btrax.com/jp
blog:http://blog.btrax.com/jp
Twitter:@BrandonKHill

コメント

コメントの記入