Webデザイン業界の三位一体モデル

第2回 インタラクティブ道のサムライ 阿部晶人(前編) Webキャンペーンにこめる,おもてなしの要素

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

キャンペーンサイトなど広告のWebデザインに関わるキープレイヤー,広告主,Webクリエイター(制作会社),広告代理店,の三者のそれぞれの立場をインタビューすることで,これからのWeb広告,Webデザイン業界の未来を探ろうという趣旨で始まったこの連載。

第2回目は私と同じ広告代理店の立場からオグルヴィ・ワン・ジャパンでインタラクティブ・クリエイティブ・ディレクターとして活躍されている阿部晶人さんにお話を伺った。

阿部さん。(撮影:白石奈緒美)

画像

阿部さんは今年出版された著書の「Webキャンペーンのしかけ方。」の中でWebキャンペーン実施のポイントを宮本武蔵の五輪書になぞらえて説明されている。

ご自身でもライフワークとして剣道をたしなまれており,まさにインタラクティブ道のサムライのような方。以前から交流させていただいている私の尊敬する業界人の一人だ。

価値基準がないものの真価を自分で確かめることが好き

新野:

阿部さんが,そもそもWebの仕事をすることになった経緯を聞かせていただけますか。

新野。

画像

阿部:

学生時代はSFCにいたんですが,特に広告に興味を持ってやっていたわけではなく研究室に入って表現とコミュニケーションを勉強していました。

その後電通に就職することになり,コピーライターとしてスタートしたんです。

当初CMとグラフィックをやっていたのですが,社内でコンピューターのことで質問があったりすると,「あいつSFCだからコンピュータのことも詳しいだろ」と添付ファイルの送り方とかいろいろ相談を受けたりすることが多かったんですね。そんなこともあって社内のネット関連の部署から声がかかって期間限定でWebの仕事もすることになりました。でも,やっているうちに面白くなってきて期間限定でなくてそのまま兼任して続けてました。

新野:

阿部さんというと,電通当時,PIP(Person in Presentation:実写の動画をFlashに取り込み,人物がユーザーに語りかける形式のWebコンテンツのこと)を日本で広めた立役者のひとりだと思っているのですが。

阿部:

たまたまあの頃に技術的にPIPができるようになったんですね。それで使ってみたいなあと思っていたんです。

最初に手がけた自動車メーカーのPIPのサイトが好評で,本当は半年の出向がそれで終わる予定だったんですが,そのままネット関連の仕事を継続するきっかけになったんですよ。

新野:

常に新しい領域を切り開いてきてますよね。

阿部:

まだ手垢がついていないと言うか,価値基準がないものの真価を自分で確かめることが好きな性格みたいです。

SFCもAO入試(自己推薦入試)という当時はまだ一般的でない方法で受験しましたし,今住んでいる家もコーポラティブハウスなんですが,これも日本でコーポラティブハウスがまだあまり認知されていないころに入居したんです。

新野さんはご存知だと思うんですが,僕が個人で運営しているベビーカーのブログがあって,それは子供が生まれたときに満足のいくベビーカーがなかなかなくて,いろいろ探し回った結果,海外のもので自分の希望に合ったものを見つけたんですね。それを海外からネット経由で購入して,使ったかんそうをブログに書いたりしているうちに評判が広まりました。今ではそのベビーカー界ではちょっとした有名ブログになっています。

新野:

僕も,学校を選ぶときに新設の大学にしたんですが,一期生として開拓することを楽しんでいるような仲間が何人かいて,いい経験ができましたね。

阿部さんの本の最後のくだりに,そんな心構えを例えて「誰もまだ歩いていない場所は,かぎりなく空気が澄んでいる。」というようなことを書かれているのを読んですごく共感しました。かっこいいなあと。

著者プロフィール

新野文健(あらのふみたけ)

1999年よりWeb業界に身をおき,2004年 NEC ecotonoha(エコトノハ)でアジアで初のカンヌ国際広告祭サイバー部門グランプリを獲得。2007年ハーマンミラー 「Get Real キャンペーン」バナーで,東京インタラクティブアドアワード Gold等,他受賞多数。2005年6月よりビーコンコミュニケーションズにてシニアプロデューサーとして,世界的メガブランドの日本サイト本格立ち上げに尽力。

コメント

コメントの記入