Webデザイン業界の三位一体モデル

第5回 クルーソー 相川知輝(後編) ブログパーツ,Twitter,Ustreamを取り入れた企業サイトの仕掛け方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

5回目は,クルーソー 相川知輝さんにお話を伺った。今回はその後編です。

コアなファンにきちんと情報提供ができれば、そこからこんなに広まる

新野:

担当された一連のMAZDAのプロジェクトについて聞かせてください。

相川:

まず,マツダさんとのお付き合いなんですけれど,2006年にカットオーバーした全面リニューアルプロジェクトから関らせて頂いています。その時はプロデューサーとしてお仕事をさせて頂いていたのですが,リニューアル前の分析フェーズで色々な弱い部分が見えてきていて,まずはサイトの「基盤整備」をする、ことがリニューアルの目的の一つでした。

リニューアルで概ね目的は達成できたと考えており,2007年度はもっとユーザーさんとコミュニケーションをとろう,という方向性を探っていまして,その一環として,様々なプロジェクトを担当させて頂きました。

新野:

なるほど。そういう経緯があったのですね。

相川:

その一つとして、まずはロータリーエンジン40周年記念サイトの構築をお手伝いして,ロータリーエンジンのブログパーツを作りました。

ブログパーツ上で,ロータリーエンジンに対してのみんなの想いやコメントを読み書きできるというものです。そういうのってありそうで,無かったんですよね。

新野:

数字的にも,効果は高かったんですか?

相川:

ええ,公開直後は特に大きな告知はしてないにも関わらず,かなりのアクセスがありました。2007年の5月に公開したのですが,今でもまだアクセスは結構あります。

実は,このブログパーツ企画は提案のときにチーム内でも反対意見もあったんですよ。というのも,従来の広告って企業からメッセージを発信して,消費者はそれを受け取るっていう図式だったでしょう。

だから,一般のひとからコメントをもらってそれを出すなんてことは広告とは言えないのではないかと。

新野:

ああ,内部的にそういう話になることってありますよね。従来の広告のスタイルの型には無かったんでしょうね。

相川:

でも,ぼくは40周年という記念のときに,みんなで想いを語ってもらうことは問題ないと思ったんです。

ロータリーエンジンが好きな人たちが,盛り上がっているという状況をつくりだせれば,あまりファンじゃなかった人たちにもその熱意が伝わるんじゃないかと。

結果としては新車導入時のアクセス数にひけを取らないくらいの数字も出ていますし,企業ウェブ・グランプリのマーケティング,キャンペーン&インタラクション部門賞も頂くことができ,いい結果が残せたと言えると思います。

新野さん

画像

新野:

ロータリーエンジンというものが培ってきた,ブランドの資産をうまく活かした取り組みですね。ユーザーが欲しがっていたんでしょうね。ロータリーエンジンを話題に盛り上がれる場所を。

新野:

最近話題のストリーミングサービス,USTREAM を使った取り組みもされていましたよね。

相川:

東京モーターショーのライブ中継東京オートサロンの中継など,これまで3回やりました。やるたびに,クオリティも上がってきて反響もなかなかですよ。予想以上に数字も順調です。

新野:

Appleのスティーブジョブズのスピーチなども,ライブではないですが,スピーチ終了後にすぐにムービーが公開されて,ファンの間であっというまに広まったりしますし,日本でもソフトバンクモバイルの孫社長の新製品発表とかもライブ中継したりしてますよね。

ライブならではの価値とか,見たくなる需要って結構ありそうですね。

相川:

この企画も,まずはコアなファンをターゲットにしていて,その人たちが盛り上がってくれるようなことをやりたいというのも一つの理由なんです。

それが広がるきっかけになってくれればいいなと。

実際に,当初予定していなかった追加の放送を,当日の番組内で「今日の夕方に,もう一回放送します。」とアナウンスをしたら,それを見ていてくれたユーザーさんたちがmixiなどで広めてくれて,夕方の回も結構な数が集まったということがありました。

コアなファンの方々にきちんと情報提供ができれば,そこからこんなに広まるんだ,と驚きました。

新野:

どちらも,取り組みとしても新しくて,結果の数字も出ているというのがすごいですね。

Twitterもいち早く取り入れてましたよね。

相川:

先ほどのブログパーツに寄せられたコメントをTwitterでも公開しようという企画です。

Twitterに関して は,取り組みの目新しさから記事として取り上げてもらったメディアが結構あったので,PR効果としては高かったですね。

新野:

なるほど。Twitterユーザーは,まだWebのリテラシーの高い人たちが中心ですから,そういう人たちへMAZDAは面白いことを取り組む企業だと知ってもらう効果もあったでしょうね。

著者プロフィール

新野文健(あらのふみたけ)

1999年よりWeb業界に身をおき,2004年 NEC ecotonoha(エコトノハ)でアジアで初のカンヌ国際広告祭サイバー部門グランプリを獲得。2007年ハーマンミラー 「Get Real キャンペーン」バナーで,東京インタラクティブアドアワード Gold等,他受賞多数。2005年6月よりビーコンコミュニケーションズにてシニアプロデューサーとして,世界的メガブランドの日本サイト本格立ち上げに尽力。

コメント

コメントの記入