Windows上でゼロからPHPサイトを作る! PHPユーザのためのMicrosoft WebMatrix入門

第4回 WebMatrixなら簡単!ホスティング環境へのアプリケーション配置

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,WebMatrixからホスティングサービスを利用して,WordPressによるブログサイトをインターネット上に公開してみましょう。

ホスティング環境の設定

今回利用するホスティングサービスは,データジャパンが提供しているExpressWebです図1)⁠ExpressWebのアカウントは,データジャパンから本稿用に提供していただいたものを使うことにします。

図1 ExpressWebのホームページ

図1 ExpressWebのホームページ

まず,WebブラウザでExpressWebのコントロールパネルにアクセスし,アカウント用として付与されているユーザ名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします図2)⁠

図2

図2

すると,ExpressWebのコントロールパネル図3が表示されます。WebMatrixからWebアプリケーションをアップロードする前に,Webサイトの「リモート管理」を有効にし,MySQLの設定をしておく必要があります。

図3

図3

まずリモート管理の有効化ですが,画面左のメニューから「Webサイト」をクリックし,次に表示されるWebサイトの一覧図4から設定したいWebサイトをクリックします。

図4

図4

次に複数のタブから構成される画面図5が表示されるので,その中の「管理」タブをクリックします。そして,使用したいユーザ名とパスワードを入力し,⁠有効」をクリックした後,⁠更新」をクリックします図6)⁠これで,WebMatrixから「Web配置」を使用してアプリケーションをアップロードできるようになりました(⁠Web配置」については後述します)⁠

図5

図5

図6

図6

著者プロフィール

漆尾貴義(うるしおたかよし)

京都大学総合人間学部を卒業後,2003年4月からマイクロソフト株式会社でプリセールスSEとして勤務。法人向けに.NETやOfficeなどによるソリューション提案を行う。2006年6月にマイクロソフト株式会社を退社し,くらふとわーくす株式会社を設立。現在はクラウド型eラーニングサービス「eden」の開発・販売を行っている。主に使う言語はPython,JavaScript,C#。

コメント

コメントの記入