Microsoft Web PIが変えるWebアプリケーションサイト構築

第4回 Web PI 3.0の新機能とWebMatrix

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,すでにベータ版がリリースされているWeb PI 3.0を見てみることにしましょう。前回の記事で使用していた,Web PI 2.0をインストール済みの環境をそのまま使っていきますが,何もインストールされていない状態からWeb PI 3.0をいきなりインストールすることも可能です。

Web PI 3.0の導入

Web PI 3.0は,こちらのURLからダウンロードできます図1)⁠

図1 Web PI 3.0の紹介ページ

図1 Web PI 3.0の紹介ページ

ページ内の「Download Now」ボタンをクリックするとダウンロード用のページ図2に移動するので,⁠Download Web Platform Installer Now」をクリックすると,インストーラーをダウンロードできます。

図2 インストールページ

図2 インストールページ

インストーラーを起動すると自動的にインストールが開始され,しばらく待つとWeb PI 3.0の画面が表示されます。Web PI 3.0での最も大きな変更点は,Webアプリケーションを簡単に管理・作成するための「WebMatrix」というツールがインストールできるようになっていることです。インストール直後の場合は,Web Matrixについての説明画面が表示されます図3)⁠

図3 Web Matrixについての説明画面

図3 Web Matrixについての説明画面

画面左上のボタンでトップページに戻ることができます。トップページを見てみると,Web PI 2.0と比べてユーザインターフェースが大幅に変更されていることがわかります図4)⁠

図4 Web PI 3.0のユーザインターフェース

図4 Web PI 3.0のユーザインターフェース

それではWebMatrixを使ってみましょう。Web PI 3.0インストール直後であれば,すでに「Microsoft WebMatrix Beta3」は選択済みになっているので,そのまま「Install」ボタンをクリックします。そして,次の確認画面で「I Accept」ボタンをクリックしてしばらく待つと,必要なコンポーネントも含めて自動的にインストールが完了します図5)⁠インストールが終了後の画面で,⁠Launch」ボタンをクリックすると,WebMatrixが起動します図6)⁠

図5 WebMatrixインストールメッセージ

図5 WebMatrixインストールメッセージ

図6 WebMatrix起動画面

図6 WebMatrix起動画面

WebMatrixでは,WebサイトやWebアプリケーションを新しく作成したり,あるいはVisual StudioなどのようにテンプレートからWebサイトを作成していくことができます。しかし,一番大きな特徴は「Webアプリケーションギャラリー」からOSSをダウンロードし,そのまま改良していくことができる,という点でしょう。前回の記事で紹介したように,WebアプリケーションギャラリーにはたくさんのOSSがアップロードされているので,それらのカスタマイズを行ったり,あるいは学習用途でソースを読んだりということが,簡単にできるようになるのです。

WebMatrixでWordPressのテーマ編集を行う

それでは,ここではWordPressをダウンロードし,テーマの編集を行ってみることにしましょう※。WebMatrixのトップページから,⁠Site From Web Gallary」をクリックします。すると,WebアプリケーションギャラリーにアップロードされているOSSの一覧が表示されるので,その中から「WordPress」をクリックし,⁠Next」ボタンをクリックします図7)⁠

図7 OSS一覧メニュー

図7 OSS一覧メニュー

※ WordPressを使ったことがある人であればご存じでしょうが,テーマ編集はWordPress自体の管理画面から行うこともできます。しかしソースを編集し,Webブラウザで結果を確認する,という作業を何回も繰り返すのであれば,やはりローカルマシンで直接編集作業を行った方がスムーズです。

インストールされるコンポーネントの一覧とEULA(使用許諾契約書)が表示されるので,⁠I Accept」ボタンをクリックします図8)⁠

図8 インストールされるソフトの使用許諾画面

図8 インストールされるソフトの使用許諾画面

後はWeb PIからインストールする場合と同じように,データベースなどの設定を行うことで,WebMatrix上でWordPressを動かせるようになるのです図9図10)⁠⁠データベース名はデフォルトだと「WordPress」になっているので,この連載の前回の記事と同様にすでに「WordPress」という名前のデータベース名を作成している場合は,⁠Database Name」の値を「wordpress2」などの別の名前にする必要があります。)

図9 インストール設定画面

図9 インストール設定画面

図10 インストール完了のメッセージ

図10 インストール完了のメッセージ

ちなみに,この場合はWeb PIからインストールする場合と異なり,WebMatrixによって管理される簡易Webサーバ上でWordPressが稼働することになります。

WordPressのセットアップ終了後に,⁠OK」ボタンをクリックしてWebMatrixに戻ると,WebMatrix上でWordPressのプロジェクトを開いていることがわかります図11)⁠

図11 WordPress起動

図11 WordPress起動

それでは,まずWebMatrix経由でWordPressを起動してみましょう。WebMatrixのリボン(メニュー)にある「Run」ボタンをクリックすると,Webブラウザが起動し,WordPressの画面が開きます。今回はWordPressの初回起動なので,WordPressのセットアップ画面が表示されます図12)⁠とりあえずここでブログ名などの設定をしておきましょう。

図12 WrodPressセットアップ

図12 WrodPressセットアップ

著者プロフィール

漆尾貴義(うるしおたかよし)

京都大学総合人間学部を卒業後,2003年4月からマイクロソフト株式会社でプリセールスSEとして勤務。法人向けに.NETやOfficeなどによるソリューション提案を行う。2006年6月にマイクロソフト株式会社を退社し,くらふとわーくす株式会社を設立。現在はクラウド型eラーニングサービス「eden」の開発・販売を行っている。主に使う言語はPython,JavaScript,C#。

コメント

コメントの記入