WebSig1日学校~未来のあなたとWebを変える1日

第1回 未来を良くするための考え方を知る―開校式

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

未来を良くするための考え方を知る―開校式

画像

2010年11月27日,⁠WebSig1日学校」がデジタルハリウッド大学八王子制作スタジオで開催されました。本イベントは,WebSig24/7と技術評論社が共同で開催する郊外型の勉強会。授業は,デザイナークラス(アートディレクター,デザイナー)⁠エンジニアクラス(システムエンジニア,プログラマーなど)⁠マネジメントクラス(プロデューサー,ディレクターなど)の3クラスです。ここでは各クラスと共通授業,課外授業,放課後の模様についてお届けします。

画像

体育館で行われた開校式では,WebSig1日学校実行委員長・和田嘉弘氏と技術評論社・馮富久氏の自己紹介とイベントの概要説明が行われました。中心となるキーワードは,サブタイトルでもある「未来のあなたのWebを変える1日」です。大量生産,大量消費,大量広告が崩壊しつつある今,Web制作業界の人間として今後どう進むべきなのか。その問題について,豊かさより幸せを求め始めた社会に見る「社会・価値観の変化」⁠⁠作ればいい⁠から次の段階へと進化する企業Webサイトに見る「インターネット/Webの変化」⁠Webデザイナーの職業的特殊性が薄れゆく状況から考える「技術・グローバル経済の変化」の3つをポイントに改めて考えてみよう,との想いが含まれています。

画像

和田委員長は,⁠技術的,即効的なTipsはこの学校にありませんが,未来を良くするうえで長期的に活かせるモノの見方や,本質的な考え方を身につけてもらえれば」と受講者に向けて語りました。

画像

画像

著者プロフィール

木村早苗(きむらさなえ)

フリーランスライター。滋賀県出身。ギャラリー勤務,Webデザイン専門誌の編集を経て,現在はデザイン,ファッション,音楽,IT系など幅広い分野で執筆を行う。著書にWSE BOOKSシリーズ『社内ブログ導入・運用ガイド』(技術評論社)。お笑い&音楽好き。


高橋未玲(たかはしみれい)


馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/


WebSig24/7

http://websig247.jp/

Twitter=@websig247

Facebook=websig247

コメント

コメントの記入