WebSig1日学校~未来のあなたとWebを変える1日

第10回 課外授業/閉会式

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

課外授業:ワールドカフェ

最後は課外授業として「ワールドカフェ」が行われました。グループのメンバーとお菓子やお茶を楽しみながら,テーマについて自由にアイデアを出して話しあう試みです。

画像

今回のテーマは

ラウンド1:
10年後のWeb開発,サービス運用の現場はどのようになっていると思いますか?
ラウンド2:
あなたがその未来で,会社,社会へ価値を提供するために,現在取るべき小さな一歩はなんでしょうか?

の2点。

画像

話す人がキーホルダーを必ず持つ,気になったことは机の模造紙に記して残すなど簡単なルールの下,各テーブルで話し合いました。マネジメント・デザイナー・エンジニアと職種はばらばらですが,同じWeb制作にかかわる人間同士さまざまな意見が交わされるため,20分はあっという間。最後は,先生が加わったグループを中心に成果発表。同じテーマでもここまで違うのかと感心するほどの多彩な意見で,参加者には新たな発見が得られたようでした。

ここでは,ラウンド3にて共有された,ラウンド1,2それぞれの参加者のアウトプットを抜粋してお届けします。

表1 ラウンド1「10年後のWeb開発,サービス運用の現場はどのようになっていると思いますか?」のアウトプット
  • 「個人」の状況が強くなっていく(個性ではなくて)
  • 「情報について」膨大になっているので「調べる」のではなく,情報が「来る」「提案」してる?
  • 10年後もWebはあるよ!!
  • 80歳のおばあちゃんが使えるネット環境
  • SNSのプラットフォーム化 グローバル化 情報格差
  • Web開発:技術進歩を考えると未来を考えやすいのだろうか… サービス運用:チームプレイは変わらない?
  • Web開発のテロリスト化
  • Yahoo!のトップページは,本質的には変わってない
  • あまり変わらない
  • インフラ,サーバ諸々の環境は(使う人にとって無料)⁠お客(B,C)に近づく。デザイン(ナー)が気になる
  • サービスの運用とかは人間関係だから,目先の技術が変わっても本質的なところは変わらないかも
  • ゼロクリック!!
  • ソーシャルメディアの衰退。多目的に手軽に個人が発信できる未来
  • デバイスの多様化。マッチングが大切。モンタナ。英語教育。フィリピン
  • どこでも働ける!ためのシステム環境 仕事は国でやりたい
  • ネットの超高速化。物ではなくデータ中心になる
  • ブラウザを通した形はなくなる? I/Fがよりフリーに,人の感覚に近いものになる?。技術がより生になる
  • プロジェクト単位で人が集まる。会社ではなく
  • もっと五感を伴ったサービス
  • 何でも共有したがる文化が下火に!ターゲット層が日本人だけでなく世界へ
  • 基本的には変わらない。英語ができるようにGoogle翻訳で世界に伝わるスピードが速くなる
  • 個人が主体の情報発信
  • 紙からWebに来た人だからこそできる,アバウトな要素を含んだ未来
  • 自由はストレスになる
  • 社内だけでなく社外も流動的なチーム編成
  • 新しいUI
  • 人間2.0 機械2.0
  • 頭で考えていることが形になって,もっと簡単に誰でも開発できるようになる
  • 日本のみでなく,海外のユーザを考慮したWebサービス作り
  • 無縁にたまり続ける「個」の情報を,いかに有効活用するか ヒントも「個」である

画像

表2 ラウンド2「あなたがその未来で,会社,社会へ価値を提供するために,現在取るべき小さな一歩はなんでしょうか?」のアウトプット
  • 武器を増やす。コンテンツを(発注者)のように考える。ルールを考える(解析)
  • 人間力up。視野を広げる(外国人バーに出没)
  • お客さんが何にお金を払うか?考える。デバイスにとらわれないサービスの提供
  • 1日1アイディアを出す。お年寄りを大事に。人間回帰。ルネッサンス
  • グローバル化→個人のタレント化→生き残れない個人→飯を食べれる教育
  • 時空を超えるWeb。いつでも見れる,さわれる。年寄りがあたりまえ←やさしく
  • クライアントを逃さないための人間力。対人関係。外人にもまれる。視野を広げる
  • サービス二極化。友人のような同等の人とのコミュニケーション
  • 先生(医者などのスペシャリスト)とのコミュニケーション
  • お客さんを対面で話す
  • 考える時間が大事。たまには未来について考える
  • 妄想をやめない
  • もっと俺のことを知ってくれよ。検索エンジン!
  • 専門用語でなく,わかりやすさ,伝わりやすさを重視し,自分達だけでなくクライアントのレベル知識を上げていく
  • 全てにおいて年寄りを大事に!そこから生まれるのはこれから必要なもの
  • 親にiPadを買う。とりあえず体験しろ!!
  • 相手のことを気にする力。発信したものを受け取るだけでなく自分から取りに行く力 発注者/受注者の対等?な関係作り
  • 相手の立場になって考える。情報を積極的に取りに行く
  • 自分の人生を楽しむことが価値を生みだす
  • プラットフォームの増加? PCとかだけでなく(視覚)耳とかで(聴覚)情報認識できる
  • すべてをさらけ出せ。すべてをアーカイブしろ
  • やってみないと未来は開けない
  • 自動で最速化する
  • 価値のインフレ?
  • 専門家の間をつなぐ。軸の共有
  • 画像

  • コンテンツを吸い上げる簡単なフレームワークを作る
  • 自分の武器を増やす。マーケ。IA
  • 発注側に入る
  • エンジニアとのデザインの垣根をとる
  • コンテンツのプロデュース始める
  • ドワンゴに入る

著者プロフィール

木村早苗(きむらさなえ)

フリーランスライター。滋賀県出身。ギャラリー勤務,Webデザイン専門誌の編集を経て,現在はデザイン,ファッション,音楽,IT系など幅広い分野で執筆を行う。著書にWSE BOOKSシリーズ『社内ブログ導入・運用ガイド』(技術評論社)。お笑い&音楽好き。


高橋未玲(たかはしみれい)


馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/


WebSig24/7

http://websig247.jp/

Twitter=@websig247

Facebook=websig247

コメント

コメントの記入