WebSig24/7通信

第1回 第30回WebSig会議レポート~Webディレクターの今とこれからを考える

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

WebSig24/7は,2012年6月23日に第30回WebSig会議「Webディレクターの過去・現在・未来 ~これから求められるスキルセット・マインドセット」を開催しました。ここでは当日の様子をレポートします。

第30回WebSig会議「Webディレクターの過去・現在・未来 ~これから求められるスキルセット・マインドセット」

冒頭にWebSigモデレーター(安藤)からこれまでのWeb業界の変遷と会議設計の意図を説明した後に,4名の現役Webディレクターの方々からそれぞれの仕事やキャリアについてのプレゼンテーションいただき,最後にパネルディスカッションという構成で,約5時間にわたりさまざまな意見交換を行いました。

イントロセッションのプレゼンターを務めたWebSig24/7モデレーター安藤

イントロセッションのプレゼンターを務めたWebSig24/7モデレーター安藤

個別セッション~さまざまなWebディレクターのスタイル

以下,順を追って内容のサマリーをご紹介します。

株式会社ロフトワーク 西本泰司さん

PMBOKのフレームワークに即した知識・経験の蓄積とそれを使いこなすための柔軟なマインド(姿勢)の重要性を説明いただきました。

株式会社ロフトワーク 西本泰司さん

株式会社ロフトワーク 西本泰司さん

プロジェクトを進行管理する中での状況の変化だけでなく,クライアントのニーズが変わることでそれをハンドリングするWebディレクターに求められることも変わるという両方をさして,それらを脅威ではなく成長のチャンスと捉えることが大事というメッセージでした。

株式会社サービシンク 名村晋治さん

特定の業界に特化したディレクターという働き方の実際のところ(メリットやリスクなど)をご紹介いただきました。

株式会社サービシンク 名村晋治さん

株式会社サービシンク 名村晋治さん

名村さんの場合は不動産業界に特化されていますが,業界内でも多種多様な業態があるので,同じ仕事を繰り返しているわけではないという話がありました。

株式会社VOYAGE GROUP/株式会社ジェネシックス 内山和幸さん

スマートフォン向けのサービスを自社開発するというポジションからみたディレクターの仕事についてご説明いただきました。

株式会社VOYAGE GROUP/株式会社ジェネシックス 内山和幸さん

株式会社VOYAGE GROUP/株式会社ジェネシックス 内山和幸さん

スマホ向けの開発現場の特徴として,シンプルなプロダクトを速いサイクルで作るというスタイルがあり,そこでは制作体制もコンパクトな方が都合が良かったそうです。すると,特定のディレクターを立てるのではなく,メンバーがディレクターの役割を分担して担うようになったという話でしでした。

さらに自社サービス開発のディレクターのキャリアとして,制作から一歩引いて,サービス自体をどう成功させるかという視点を持てるようになることでは,という考え方もご紹介いただきました。

NHN Japan株式会社 谷口正人さん

制作会社からサービス事業者,メディア広告など様々なポジションでの経験をふまえて,これからのWebディレクターの方向性についての持論を紹介いただきました。

NHN Japan株式会社 谷口正人さん

NHN Japan株式会社 谷口正人さん

今現在はオンラインのメディアで,広告のコンテンツ制作ディレクターをされている谷口さんは,コンテンツ作りではWebの専門性プラス,情報編集の視点や見せ方などWebディレクターの個性が勝負のポイントになるとのこと。

この話はWebサイトの構築は一通り完了し,その中身(コンテンツ)作りに関心が移り始めている企業サイトでも同じことが言えるのかもしれません。

著者プロフィール

WebSig24/7

http://websig247.jp/

Twitter=@websig247

Facebook=websig247

コメント

コメントの記入