いま,見ておきたいウェブサイト

第18回 Jordan : History of Flight,UNIQLO SHOES,JINSMAN - ここはJINSの宣伝担当,JINSMANの部屋。

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

「外出後は,うがいと手洗いを徹底しなければ」と新型インフルエンザへの対策を練りつつ,朝晩の冷え込みからいよいよ秋本番だなとしみじみしている今日このごろ,いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた素晴らしいサイトの特徴を,いくつかお話したいと思います。

"餅は餅屋"という考え方

『Jordan : History of Flight』

"バスケットボールの神様"Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)とのコラボレーションによるNikeのバスケットシューズ,Air Jordan Seriesの25年の歴史をまとめたウェブサイト『Jordan : History of Flight』です。

図1 3Dのパーツとアニメーションが印象的

図1 3Dのパーツとアニメーションが印象的

credit: BLAST RADIUS

ウェブサイトの下部に並んだ数字をクリックすることで,2010年にリリースされる予定のバスケットシューズ「Air Jordan 25th Anniversary White Collection」を中心に組み立てられたジオラマが変化し,1985年から2009年までのAir Jordanのデザインの変遷が確認できます。

図2 パーツをクリックするとエピソードが表示される

図2 パーツをクリックするとエピソードが表示される

バスケットシューズの周りは,さまざまな形のパーツによって囲まれています。パーツにマウスカーソルを合わせてクリックすると,パーツの形の元となっているエピソードが表示され,Michael Jordanという偉大な選手の歴史を振り返れます。

同じ仲間と手をつなぐ

エピソードに関連して紹介されるMichael Jordanの現役時代の映像は,このウェブサイト上で再生されることはありません。同時期にローンチされた,スポーツ専門チャンネルESPNによるMichael Jordanの特設サイトESPN Michael Jordan's TOP23へのリンクが紹介されているだけです。

図3 映像は外部のウェブサイトにリンクされているだけ

図3 映像は外部のウェブサイトにリンクされているだけ

"Air JordanとMichael Jordanの歴史"を中心に構成された『Jordan : History of Flight』とは異なり,"現役時代の映像"を中心に構成された『ESPN Michael Jordan's TOP23』の特長を生かした形で連携を行うことで,お互いのウェブサイトの特徴をうまく引き出し,相乗効果を高めるという形を取っています。

『Jordan : History of Flight』『ESPN Michael Jordan's TOP23』は,どちらも2009年9月のMichael Jordanがバスケットボール殿堂入りを記念して作られています。世界的な不況の影響でウェブサイトの制作予算が縮小しつつある現在,⁠同じ目的を持って制作されたウェブサイト同士が連携する」という方法が増えてくるかもしれません。

そぎ落とされた美しさ

『UNIQLO SHOES』

ファーストリテイリンググループによるカジュアルシューズの新ブランド,⁠ユニクロシューズ」のプロモーションサイト『UNIQLO SHOES』です。

図4 販売される靴が次々に紹介されていく

図4 販売される靴が次々に紹介されていく

2009年9月16日より販売されたスニーカーやブーツなど,メンズ,ウイメンズの計8商品が次々と画面に登場して,音楽に合わせてリズミカルに動いていきます。

図5 音楽に合わせて靴がリズミカルに動く

図5 音楽に合わせて靴がリズミカルに動く

商品である靴を行進させたり,回転させてディテールを見せたりと,靴をモデルのように扱っている演出もとても面白いです。

"欲しいものだけ"を提供する

この『UNIQLO SHOES』には,商品を紹介するタレントは登場しません。⁠これはいい商品ですよ」というセールストークも,キャッチコピーもありません。

新しく靴が発売されたことを知ったユーザーが,何を求めてやってくるのかをしっかりと考えた上で,本当に必要な情報だけをウェブサイト上に用意し,それをさりげない演出によって見事に表現しています。

図6 情報を伝えるための考えられた演出が見事

図6 情報を伝えるための考えられた演出が見事

ウェブサイトのトップでは,今回発売される8つの商品を次々と紹介していきます。こうすることで「どんな種類の靴が販売されるのか」をユーザーは自然に理解できます。また個別の商品紹介ページでは靴を回転させて見せることで,マウスを動かす必要もなく,ユーザーがディテールを確認できます。どちらの演出も,ユーザーがその場面で求める欲求にシンプルに応えています。

"余計な装飾"によって,必要なものや伝えたいことがぼやけてしまったウェブサイトを見ることも少なくありません。ユーザーが本当に求めているものをどう伝えるかをしっかりと考え,そこから生まれてくる新しい演出に今後も期待していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入