いま,見ておきたいウェブサイト

第22回 Teamgeist | Every team needs a jersey with a story,JORDAN MERO M6,HYPE

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

いよいよ紅葉も本格化し,今年はどこで撮影しようかと悩みながら鍋物をつつく今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

変化を見せる“王道”キャンペーンサイト

『Teamgeist | Every team needs a jersey with a story』

ドイツのスポーツ用品メーカーadidasによる,2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会に出場するドイツ代表チームの公式ユニフォームのプロモーションサイト,⁠Teamgeist(ドイツ語でチームスピリットの意)⁠です。

図1 adidasのプロモーションサイト『Teamgeist』

図1 adidasのプロモーションサイト『Teamgeist』

credit:North Kingdom

"Graphic Novel Game"と銘打たれたこのウェブサイトでは,3Dで表現された選手たちを動かして相手からゴールを奪うというゲームを進めながら,ドイツ代表が成し遂げた3度(1954年,1974年,1990年)のワールドカップ制覇の歴史を振り返っていきます。

図2 ユーザーはコマンドを選択しながらゲームを進める

図2 ユーザーはコマンドを選択しながらゲームを進める

もちろん,今やキャンペーンサイトには欠かせなくなった Twitter Facebook Blogとの連携など,広めるための仕掛けもしっかりと用意されています。

厳しい環境にどう対応するか

ゲームの合間に映画のようなムービーが流れたり,現役のドイツ代表がゲームの中に登場したりと,⁠Teamgeist』は非常に豪華な作りとなっています。ただし昨年と比較すると,このようなキャンペーンサイトは今年に入って明らかに数が減ってきています。

図3 オープニングムービーはまるで映画のよう

先日参加したあるデザイン・カンファレンスでは,世界的に有名な制作会社であっても,クライアント側の予算の都合で依頼されていた仕事がキャンセルされること,また人々の消費に対する変化から,クライアント側から質はもちろんのこと,キャンペーンサイトがもたらす明確な効果を今まで以上に求められていることを耳にしました。

個人的には,仮に経済状況が回復したとしても「明確な理由がなければ,クライアント側が一度削減した予算を大幅に増やすことはない」と考えています。そうなった場合,制作側はどのようにクリエイティビティを発揮するのか。また,それを実現するための大胆な企画,制作依頼や予算の獲得手法,制作する組織やスタイルなどがどう変化していくのか。厳しい環境の変化に対する両者の動向を,今後もしっかりと追っていきたいと思っています。

“裏側”が重要なコンテンツ

『JORDAN MERO M6』

Nikeのバスケットシューズ「JORDAN MERO M6」のプロモーションサイト,⁠JORDAN MERO M6』です。

図4 画面全体の映像表現が特徴的

図4 画面全体の映像表現が特徴的

credit:Academy

NBA(アメリカプロバスケットボール協会)のデンバー・ナゲッツに所属する,カーメロ・アンソニーのシグネチャ・モデル(有名人の名前を冠した商品)⁠JORDAN MERO M6」が完成するまでのさまざまな過程(デザイン→テスト→商品化まで)を5つの章に分けて,画面全体を使った関係者のインタビュー映像で解説していきます。

図5 右下には表示の調整項目が並ぶ

図5 右下には表示の調整項目が並ぶ

映像表現を損ねないよう,映像の明るさや画面に配置されたナビゲーションの表示の強さが調整できるなど,細かい部分にも注目して欲しいウェブサイトです。

変化する企業のコミュニケーション

2008年の金融危機から継続している世界的な不況の影響だけではないと思いますが,今年に入ってからも企業の業績に関する明るいニュースを聞く機会はあまり多くありません。特に製造業においては,国内外を問わず,製品が売れずに非常に苦しい時代に入ってきているなと感じています。

図6 完成までの裏側もコンテンツの一部

図6 完成までの裏側もコンテンツの一部

そんな中,この『JORDAN MERO M6』のように,製造過程や完成までの背景など,本来見せる必要のない裏側を見せることで,消費者に製品の購入を促すウェブサイトが一般的になってきました。また企業がウェブサイトを通じて,自らの歴史やフィロソフィー,ビジョンを中心としたコンテンツを提供し,企業自身への興味を持ってもらおうとする動きも拡大しつつあります。

すでに⁠単なるイメージキャラクターの起用⁠⁠幻想的なイメージ⁠だけでは,消費者の心を動かして製品の購入へとつなげることは難しくなっています。製品の購入へとつなげる第一歩として,企業自身が消費者とどうコミュニケーションを取り,その深度を深めていくのか。時代とともに変化する企業と消費者の関係について,今後も注目していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入