いま,見ておきたいウェブサイト

第28回 Snapshots of Provence,Rope Picnic ロペピクニック,NHKバンクーバーオリンピック ライブストリーミング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

熱狂したオリンピックも終了し,いよいよ本格的な春の気配が感じられる今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

想像力から生まれる世界

『Snapshots of Provence, travel notes in sound and images : visitprovence.com』

フランス・プロヴァンス地方のブーシュ=デュ=ローヌ県の旅を,各地で撮影された映像と写真でまとめたウェブトラベルノート,⁠Snapshots of Provence』です。

図1 ⁠EYE-CATCHY」⁠PLAY IT BY EAR」の2つのコンテンツで構成される

図1 「EYE-CATCHY」「PLAY IT BY EAR」の2つのコンテンツで構成される

credits: UZIK

『Snapshots of Provence』は,プロヴァンス,マルセイユ,カマルク各地の写真と映像を「EYE-CATCHY」⁠⁠PLAY IT BY EAR」という2つの異なった視点から紹介しています。

図2 地区を選択するとその土地の雰囲気が感じられる

図2 地区を選択するとその土地の雰囲気が感じられる

「EYE-CATCHY」では,写真家たちによって撮影された写真や映像に付けられたテーマを選択しながら,⁠目で見て楽しむ⁠という内容となっています。画面に表示された地図を使って,地名から写真を選択することも可能です。

音による想像力が世界を広げる

「PLAY IT BY EAR」では,写真家のThomas Duvalが撮影した写真や映像に,サウンドデザイナーのTacteelによる環境音を加えることで,見るだけでなく⁠耳でも楽しむ⁠コンテンツに仕上がっています。

図3 音を加えたことで写真から得られる情報が大きく膨らむ

図3 音を加えたことで写真から得られる情報が大きく膨らむ

特に写真に関しては,音という要素を加える工夫によって,見る者の想像力を刺激し,まるでその場にいるかのような臨場感を生み出すことに成功しています。

“音⁠という素材の使い方ひとつで,ユーザーにコンテンツの印象を深く刻めることが実感できるこのウェブサイト。Flash Player 10では音に関する機能が強化されましたが,機能を使うだけでなく,音をより上手に利用したコンテンツにも注目していきたいところです。

“縦”への強いこだわり

『Rope Picnic ロペピクニック』

株式会社ジュンの女性用ファッションブランド,⁠Rope Picnic ⁠ロペピクニック)⁠Rope Picnic Passage(ロペピクニック パサージュ)⁠のウェブサイトです。

図4 一見して,縦方向への強いこだわりが感じられるウェブサイト

図4 一見して,縦方向への強いこだわりが感じられるウェブサイト

ウェブサイトのトップを飾るイメージ写真を切り替えるマスクの方向,画像を切り替えるボタンの配置,流れるメッセージなど,縦方向へのこだわりが感じられるウェブサイトです。

図5 商品説明に縦書きの日本語が使用されている

図5 商品説明に縦書きの日本語が使用されている

スタッフのおすすめアイテムを紹介する画面でも,サイトのトップと同じように縦方向への流れが生かされています。さらに所々で,日本語の縦書きによる紹介文も使われています。

ウェブサイトにおける日本語の縦書き

画像などを利用して,日本語の縦組みを実現したウェブサイトはこれまでにもいくつか登場しています。Flash Player 10では,ブラウザ上で日本語の縦書き表示を可能とするFlash Text Engineが追加されましたが,それらを生かしたコンテンツはまだまだ少ないのが現状です。

図6 日本語の縦書きBlogである『macromarionette』

図6 日本語の縦書きBlogである『macromarionette』

そんな中,積極的に日本語の縦組みに取り組むウェブサイトも登場してきました。佐賀一郎さんによる『macromarionette(マクロマリオネット)⁠では,Text Layout Framework(Flash Player 10から導入されたFlash Text Engineのフレームワーク)を使って,日本語の縦組みを実現しています。さらに,ウェブサイトにおける縦書きの問題点でもあったスクロール操作についても工夫が見られます。

また,ネット上で本が作れるオンラインサービス『BCCKS(ブックス)⁠では,縦組み文庫本フォーマットのデモブックが公開されるなど,ウェブサイト上での日本語の縦組み表現も,少しずつ環境の変化が見えてきています。

まだ「ルビが振れない」⁠ブラウザ上で文字を検索できない」などの問題点もありますが,ウェブサイト上で実現される,縦書きに対するさまざまな試みに今後も注目していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入