いま,見ておきたいウェブサイト

第42回 Google Instant,Take on the Machine,LUCKY COUNTER - UNIQLO

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

肌寒く感じたり,冷たい飲み物や氷菓を欲しがる気持ちが薄れたり,夏から秋への季節の変化を感じる今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

大きく変化する検索のルール

Google Instant

Googleが発表した⁠検索語を入力している最中から自動的に検索を実行する新機能”,⁠Google Instant」のウェブサイトです。

図1 今までの検索のかたちを大きく変える「Google Instant」

図1 今までの検索のかたちを大きく変える「Google Instant」

検索窓にキーワードを入力し始めると,一文字入力するごとに,入力候補となるキーワードがリアルタイムで現れ,同時に画面に表示される検索結果が次々と変化していくという機能です。

「Google Instant」の仕組みを説明した動画

Googleはこの新機能のメリットとして「正確なスペルがわからなくても,候補のなかからキーワードを選べる」ことや,⁠キーワードを入力し終える前に検索結果が表示されるため,2?5秒の検索時間の短縮が可能」と述べており,まずはアメリカ,イギリス,フランス,ドイツ,イタリア,スペイン,ロシアの7か国でサービスが開始されます。

“無意識”の中に埋まっているもの

数か月以内に日本でもサービスが始まる「Google Instant」ですが,すでにこの機能が提供されている海外ではYouTube InstantiTunes Instantなど,この検索の仕組みを利用したウェブサービスが短期間で生まれており,大きな影響を与えているようです。

図2 ⁠YouTube Instant』のような「Google Instant」に影響を受けたウェブサービスが生まれている

図2 『YouTube Instant』のような「Google Instant」に影響を受けたウェブサービスが生まれている

特に「キーワードが入力された瞬間に,検索結果が表示される」という仕組みは,⁠検索ボタンを用意する必要がなくなる⁠可能性を秘めており,非常に斬新ではないでしょうか。⁠キーワードを入力し,検索ボタンを押すと検索結果が表示される」という,日常生活で誰もが無意識に行っている検索の方法がこれから大きく変わっていくでしょう。

ユーザーが今まで行っていた「ボタンを押して検索する」意味を問いかけているようなこの仕組み。誰もが⁠当たり前⁠だと思っていることの中に,新しく大きな変化をもたらすものが埋まっているのかもしれません。

“見えないハンドル”で車を操作

Take on the Machine

北米で展開されているTOYOTAの若者向けスポーツクーペ,⁠Scion tC」のキャンペーンサイト『Take on the Machine』です。

『Take on the Machine』の流れを説明した動画

credit:ATTIKNorth Kingdom

自分の操縦する「Scion tC」を選択後,ウェブサイトに用意されたARマーカーをプリンターで印刷します。ユーザーは印刷されたARマーカーをハンドルにして,車を操縦しながらゲームを楽しむという仕組みです。

図3 車の操縦に使うARマーカーの形も凝っている

図3 車の操縦に使うARマーカーの形も凝っている

ARマーカーを印刷しなくても,キーボードの操作でゲームを楽しむこともできますが,ARマーカーのデザインやゲーム中のきびきびとした操作感覚など,非常にレベルの高いドライビングゲームに仕上がっていますので,ぜひ一度,ARマーカーを印刷して体験してもらいたいと思います。

ARで何を提供するのか

「ドライビングゲームで車を操作するのに最適なコントローラーは何か?」と尋ねれば,誰もが「ハンドル型」と回答するでしょう。実際の車を運転するのと同じ操作でゲーム内の車を操作できるのですから,そのメリットは計り知れません。

しかし,誰もが「ハンドル型」のコントローラーを用意することは難しいでしょう。⁠Take on the Machine』では,そのハンドル型のコントローラーを「ARマーカーで作ってユーザーに提供しよう」と考え,最終的に実際のゲーム内で違和感なく使えるレベルにまで仕上げています。

このようにARマーカーを使ってユーザーがアクションを楽しめる事例も登場するなど,一時期のような⁠現実世界に何かを投影するだけ⁠といった,AR技術使用優先型のキャンペーンもだいぶ少なくなりました。ARの表示精度の向上や専用マーカーを使用しないAR技術も登場しており,今後はARを使うためのアイデアや目的がしっかり考えられ,多彩な表現を持ったウェブサイトがどんどん登場してきそうです。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入