いま,見ておきたいウェブサイト

第45回 全日本剣道連盟 公式ソーシャルメディアリンク集,YouTube - tippexperience's Channel,instagr.am

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

写真を使ったコミュニケーションの場

instagr.am

わずか1週間で10万人のユーザーを獲得した,写真共有サービス「instagr.am」のウェブサイトです。

図6 iPhoneアプリを使った写真共有サービス「instagr.am」

図6 iPhoneアプリを使った写真共有サービス「instagr.am」

「instagr.am」では,ウェブサイトからダウンロードしたiPhoneアプリ(無料)を使って,撮影した写真を用意されたトイカメラ風のフィルタ(11種類)で加工し,投稿することで写真を共有できます。

図7 ⁠instagr.am」のiPhoneアプリ画面(左から「Feed」⁠Popular」⁠Share(フィルタで写真加工中⁠⁠」

図7 「instagr.am」のiPhoneアプリ画面(左から「Feed」「Popular」「Share(フィルタで写真加工中)」

簡易的なSNS機能も備わっており,⁠Feed」では自分がフォローしているユーザーの写真が次々と更新されていきます。気に入った写真があれば,⁠like」ボタンを押すことで投稿者に通知できます。またコメントも可能です。多数のユーザーが気に入った写真を集めた「Popular」では,自分の好きな写真を投稿するユーザーも探せます。

図8 投稿した写真をさまざまな形で共有できる(例:送信されたURLを訪れた場合)

図8 投稿した写真をさまざまな形で共有できる(例:送信されたURLを訪れた場合)

さらにメールで写真のURLの送信や,Flickr,tumblr,Twitter,Facebook,foursquareなどの各サービスに同時に写真を投稿することも可能です。

ユーザーを動かす“反応”

有名な写真共有サービス(例:FlickrやPicasaなど)がいくつもあるなかで,なぜ「instagr.am」は急速にユーザーを増やしているのでしょうか。その理由はユーザーが投稿した写真に対しての⁠反応⁠に隠されています。

実は筆者も写真共有サービスの「Flickr」を使っています。しかし,共有した写真に対する反応の少なさや,誰が自分の写真を見ているのかがよくわからないことから,写真を投稿するモチベーションの維持が非常に難しく,現在では⁠撮影した写真を保存(バックアップ)する場所⁠となっています。

「instagr.am」には,自分の投稿した写真に対して,フォロワーからの「like」ボタンによる反応やコメントが頻繁に発生するため,自然とモチベーションが上がり,写真を投稿する回数も増えていきます。この機会に,今まで撮りためていた写真を,反応を求めて「instagr.am」に再度アップロードしようと考えている人も多いのではないでしょうか。

Twitterが⁠文字⁠によるコミュニケーションの場とするならば,⁠instagr.am」⁠写真⁠によるコミュニケーションの場を提供しています。⁠反応⁠によってユーザーを動かす仕掛けを,皆さんもぜひ体験してみてください。

というわけで,今回も最後まで読んでいただき,ありがとうございました。それでは次回をおたのしみに。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。