いま,見ておきたいウェブサイト

第48回 Ben the Bodyguard,Google eBookstore,Save as WWF, Save a Tree

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

いよいよ今年もあと少し。今年を振り返りながら,来年の目標をあれこれ考えている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

ボディーガード,雇いませんか

Ben the Bodyguard. Coming soon to iPhone and iPod touch

ドイツ・ベルリンのNerd Communicationsから,2011年1月にリリース予定のiPhone/iPod touch用アプリ,⁠Ben the Bodyguard」のウェブサイトです。

図1 プライバシーを保護するiPhone/iPod touch用アプリ,⁠Ben the Bodyguard」のティザーサイト

図1 プライバシーを保護するiPhone/iPod touch用アプリ,「Ben the Bodyguard」のティザーサイト

credit:NERD COMMUNICATIONS

「Ben the Bodyguard」は,⁠Nerd CommunicationsのクライアントのiPhoneが盗まれ,機密データが侵害された」ことから開発が始まったアプリで,セキュリティと暗号化技術の専門知識を持つBenが,ユーザーのパスワード,連絡先,テキスト,メモ,写真やビデオなど,プライバシーを保護するということです。

図2 ウェブサイトでは建物の高低差や電車の動きなども表現

図2 ウェブサイトでは建物の高低差や電車の動きなども表現

リリース前のティザーサイトのため,ウェブサイト上にアプリに関する情報はほとんどありませんが,CSSとJavaScriptを使って高低差や動きを表現したグラフィックや,スクロールの最後でアプリの情報を配信するメールアドレスの入力を促す仕掛けも良くできています。

デバイスの持つ操作方法に最適化する

それ以上に素晴らしいのが,⁠フランス人のボディーガード,Benがユーザーの秘密を守ってくれる⁠というアプリの世界観を,縦に長いスクロールで表現したことでしょう。

図3 縦スクロールで表現した世界観は,
iPhoneで閲覧した時に際立つ

図3 縦スクロールで表現した世界観は,iPhoneで閲覧した時に際立つ

「Ben the Bodyguard」は,iPhone/iPod touch用のアプリですから,当然,ウェブサイトをiPhone(またはiPod touch)で閲覧するユーザーも多いでしょう。そのためiPhoneを使っている人になじみのある,フリック(指で画面上をはじくような操作)が生かせる,縦長のスクロールを利用したプロモーションが行われています。

使用するデバイスの操作方法に最適化したコンテンツをユーザーに提供することで,非常に効果的なプロモーションとなっているこのウェブサイト。今後,さまざまなデバイスの特徴を生かしたプロモーションが生まれるのか,楽しみにしたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入