いま,見ておきたいウェブサイト

第50回 ずるっこ!,Do Nothing for 2 Minutes,CAMPFIRE

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

雨という天気を忘れそうなほど空気が乾燥して,風邪やインフルエンザにならないように早寝早起きを心がけている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

"ずる"して,英単語を覚えよう

ずるっこ!

英語で書かれたウェブサイトの内容を読み進めることで,英単語を自然に覚えられるウェブサービス,⁠ずるっこ!』です。

図1 英単語を自然に覚えられる『ずるっこ!』

図1 英単語を自然に覚えられる『ずるっこ!』

credit:登 大遊

英語で書かれたウェブサイトのURLを画面上のボックスに入力し,⁠ずるっこする」ボタンを押すと,ウェブサイトの英単語の上にルビを振る形で,日本語の意味が表示されます。

図2 ガジェット系Blog「Engadget」『ずるっこ!』で表示した場合

図2 ガジェット系Blog「Engadget」を『ずるっこ!』で表示した場合

知っている英単語がある場合は,英単語をクリックすると,表示されている日本語のルビが消えます。消した英単語は意味を覚えた英単語としてまとまられ,Cookieを利用して記憶されていきます。

そのほかにも複数のPCやブラウザで覚えた単語のリストの共有や,英語のページからそのまま翻訳できるブックマークレットなど,便利な機能も用意されています。

ユーザーの求める"サービス"とは

個人的に,海外のウェブサイトで英文記事を読むことがあります。特に「文章の大意をつかみたい」という場合に,よく翻訳サイトを利用するのですが,意味のわからない単語を調べるため,何度も別の辞書サイトへと行き来しなければならない部分に不便さを感じていました。

『ずるっこ!』で翻訳されたウェブサイトでは,文章全体の英単語の上に意味が表示されるので,単語を調べるために辞書サイトへ行く数が激減しました。その結果,文章をスムーズに読み進められるため,大意が素早くつかめます。

また翻訳サイトで多く使われている「原文と翻訳とを別々に表示する」機能では,はっきりしない翻訳がある場合,原文と照らし合わせるために目線を上下に動かさなければなりませんでしたが,⁠ずるっこ!』で翻訳された場合はその必要もなくなりました。

"何気なく繰り返している行為を効率化する"ことで,今までにない使い勝手を持つ,⁠ずるっこ!』のようなウェブサービスが生まれてくる可能性はまだまだありそうです。そして,その「ずる」を簡単に使えるようにすることこそが,ユーザーが求めている最大の"サービス"ではないかと思います。

"2分"という時間の価値

Do Nothing for 2 Minutes

「2分間,何もしないこと」をユーザーに勧めるウェブサイト,⁠Do Nothing for 2 Minutes』です。

図3 2分の間,何もしてはいけないウェブサイト『Do Nothing for 2 Minutes』

図3 2分の間,何もしてはいけないウェブサイト『Do Nothing for 2 Minutes』

credit:Alex TewBen Dowling

画面上で波の音と美しい夕焼けの写真をバックに,2分間のカウントダウンが始まります。表示されている注意"Don't touch your mouse or keyboard."を破って,マウスを操作したり,キーボードに触れたり,ブラウザの画面外に移動したりすると,FAIL(失敗)という文字が表示され,カウントダウンがリセットされてしまいます。

図4 2分間を無事に過ごせば「well done(よくやった)⁠の文字が表示される

図4 2分間を無事に過ごせば「well done(よくやった)」の文字が表示される

「Do Nothing for 2 Minutes」というタイトルの通り,⁠画面の前で何もせず,ただ2分間過ごす」だけのウェブサイトですが,実際にその行為を体験すると,さまざまなことを感じ,考えるのではないでしょうか。

自分の時間を見つめ直す

TwitterやFacebook,mixiなどを使ったコミュニケーションやGoogleやYahoo!などを利用したさまざまな検索,ポータルサイトを利用したニュースのチェックやRSSリーダーによる情報収集…今やPCの前に座っていれば,誰もが時間の切れ目なく,さまざまな形でインターネットを利用しています。

筆者も実際に『Do Nothing for 2 Minutes』を体験してみましたが,マウスやキーボードの入力なしに,2分間をじっと画面の前で過ごすのが,非常に苦痛に感じられました。そして,短い時間でもPCから目を逸らすことがいかに難しいか,また何か違うことをやろうとした時,その行為のほとんどがPC上で展開されているのだと思い知ることになりました。

インターネットが身近なものとなり,日々の生活の中において,誰もがインターネットと切っても切れない関係を結びつつあります。その反面,⁠便利だから」とついつい惰性にも似た感覚で時間を使ってしまうことも多いでしょう。この「何もしない2分間という時間をどう感じるか」という体験をもとに,もう一度,自分の一日の過ごし方,PCを使う時間のバランスなどについて,見つめ直してみるのも良いのではないでしょうか。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入