いま,見ておきたいウェブサイト

第53回 The Internet Explorer 6 Countdown,UNIQLINK,NIKE - RUN Fwd:

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

大量の花粉襲来で,天気が良ければイライラし,崩れればニコニコしている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

IE6に,さよならを

The Internet Explorer 6 Countdown

Microsoftが開発したブラウザ「Internet Explorer 6(以後IE6)⁠の使用停止とアップグレードを呼び掛けるウェブサイト『The Internet Explorer 6 Countdown』です。

図1 IE6のブラウザシェアを1%以下にすることを目的とした『The Internet Explorer 6 Countdown』

図1 IE6のブラウザシェアを1%以下にすることを目的とした『The Internet Explorer 6 Countdown』

MicrosoftのInternet Explorerマーケティング・ディレクターであるRoger Capriotti氏は,この『The Internet Explorer 6 Countdown』開設の目的は,⁠IE6の世界でのウェブブラウザシェアを1%以下にすること(シェアが1%以下ならウェブ開発者がサポートを考慮しなくて済む可能性が高まるという理由)⁠であるとBlogで述べています。

図2 世界43か国のIE6のシェアが画面に表示される

図2 世界43か国のIE6のシェアが画面に表示される

ウェブサイトでは,アメリカの調査会社Net Applicationsの最新データに基づいて,世界43か国と世界全体でのIE6のシェアが毎月更新され,掲載されます。現在,ウェブサイトでは2011年2月のデータが表示されており,世界でのIE6のシェアは12.0%で,日本でも10.3%のシェアがあることがわかります。

図3 目的達成のためのさまざまな方法も説明している

図3 目的達成のためのさまざまな方法も説明している

この取り組みを知らせるバナーやTwitterへのツイート,友人にIE6を使わせないようにする方法や,企業ユーザーが最新のブラウザへとアップグレードさせた事例紹介へのリンクなども用意されています。

ようやく動き始めたMicrosoft

Microsoftから,Internet Explorer 7,Internet Explorer 8という後継のブラウザが発表されているにもかかわらず,2001年8月から提供されたIE6を,現在も利用している企業は少なくありません。とはいえ,現在では互換性やセキュリティの問題も多く,Microsoft自身もIE6を腐った牛乳などと表現し,最新のブラウザへのアップグレードを強く勧めています。また,日本でも内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)が,各府省庁に対して「IE6からIE8への移行を推奨する」指示を行っています。

ウェブサイトの制作側では,レイアウトやAjaxを使った機能,CSSの表現などで他のブラウザと同様の実装を行う場合,大幅な手間とコストを発生させることから,以前からさまざまなIE6の撲滅運動企業による反IE6キャンペーンや,ウェブデザイン会社によるIE6の葬儀など)が行われています。ウェブサービスの大手も,昨年からIE6のサポートを終了する方向へと向かっており,Google(Google DocsとGoogle SitesのIE6に対するサポートを廃止)やYouTube,日本でもYahoo! Japanがサポートを昨年末に終了したことが話題となりました。

IE6誕生から約10年が経過した現在,Google Chrome,Firefox,Safariなどのウェブブラウザが次々と登場して,圧倒的だったInternet Explorerのシェアも,今や60%を割込み,さらに減少しつつあります。以前は新しいバージョンに更新するかは,PCを管理している人が決めることと述べていたMicrosoft自身が,遅きに失する感じがあるものの,⁠世界のIE6のブラウザシェアを1%以下にする」という明確な目標をもって活動を始めたことには,さまざまな意味が含まれていると思います。今後,このウェブサイトがどのような影響を与えるのか,非常に興味深いところです。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入