いま,見ておきたいウェブサイト

第54回 東日本大震災 - 自動車・通行実績情報マップ,SETSUDENER,SAVEJAPAN! PROJECT

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」において被災された皆様と,そのご家族の方々に心よりお見舞いを申し上げます。また現在,救援活動に尽力されている皆様に,心より敬意を表するとともに,被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

通れる道,教えます

東日本大震災 - 自動車・通行実績情報マップ

東北地方太平洋沖地震の被災地域内における,通行が可能な道路の情報提供を目的とした『東日本大震災 - 自動車・通行実績情報マップ』です。

図1 被災地内の通行可能な道路を表示する『自動車・通行実績情報マップ』

図1 被災地内の通行可能な道路を表示する『自動車・通行実績情報マップ』

この『自動車・通行実績情報マップ』は,Hondaの「インターナビ・プレミアムクラブ」⁠パイオニア株式会社「スマートループ」⁠トヨタ自動車株式会社の「G-BOOK」⁠日産自動車株式会社の「カーウイングス」から提供された通行実績情報のデータを元に作成されています。

図2 24時間以内に車が通行した道路が青く塗りつぶされる

図2 24時間以内に車が通行した道路が青く塗りつぶされる

前日の0時から24時の間に車が通行したデータを元に,Googleマップ上の道路が青く塗りつぶされます。この塗りつぶされた青い道路が,現在も通行できる可能性の高い道路であることを示しています。

Googleが見せた"懐の広さ"と"底力"

この『東日本大震災 - 自動車・通行実績情報マップ』以外にも,東北地方太平洋沖地震の発生直後から,Googleは被災地に向けた有効なサービスを素早く,次々と提供しています。そのうちの一つがGoogle Person Finderです。

図3 ⁠Google Person Finder』は企業や関係機関からの協力を受けている

図3 『Google Person Finder』は企業や関係機関からの協力を受けている

このサービスは,ユーザーの投稿や携帯電話各社による災害用伝言板との連携,警察庁やマスコミからのデータ提供を受けることで,約45万件もの消息情報が登録されている非常に強力なウェブサービスですが,何よりも"地震発生のわずか2時間後に立ち上がった"というスピード感に驚かされます。

現在も,Google社員は有名な「20%ルール(勤務時間の20%を自分の気に入ったプロジェクトに使って良い)⁠を使って,地震で被災した人々を支援するなど,自らの社風を最大限に活用した社会貢献を行っています。

国内観測史上最大規模の災害の中で,より良いサービスのための素早い連携と,より強力なサービスへと仕上げていくひたむきな姿勢に,改めてGoogleという企業の"懐の広さ"と"底力"を誰もが感じた出来事だったのではないでしょうか。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入