いま,見ておきたいウェブサイト

第58回 Zoff Mirror,ROME,RANGEFINDER

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ウェブブラウザから生まれた,新しい世界

ROME

2011年5月18日に発売された,Danger MouseとDaniele Luppiの共作によるアルバム『ROME』から生まれたインタラクティブミュージックビデオ「3 Dreams Of Black」です 視聴にはWebGLをサポートしたウェブブラウザ,ビデオカードが必要⁠⁠。

図3 HTML5とWebGLが使われたミュージックビデオ「3 Dreams Of Black」

図3 HTML5とWebGLが使われたミュージックビデオ「3 Dreams Of Black」

Norah Jonesのボーカルをフィーチャーした『ROME』の中の楽曲「Black」をバックに,美しい3Dグラフィックスを駆使した"音楽の旅"が始まります。

図4 ⁠3 Dreams Of Black」では,WebGLによる3D表現が展開される

図4 「3 Dreams Of Black」では,WebGLによる3D表現が展開される

『ROME』というアルバムは,制作期間に5年をかけ,1960-70年代のマカロニ・ウェスタンの音楽をコンセプトに"全編アナログ録音"された作品なのですが,⁠3 Dreams Of Black」はそのコンセプトとは180度異なる"デジタル"を感じさせる作品となっています。

HTML5をさらに推し進めるGoogle

「3 Dreams Of Black」では,さまざまな技術が利用されており,それらを詳しく解説したページも用意されています。特に「3 Dreams Of Black」で使われているWebGL(ブラウザで3Dグラフィックスを表示するための仕様)の各種サンプルは,単純ながらも,ブラウザ内における新しい表現の進化を感じさせてくれます。

「3 Dreams Of Black」に使われているWebGLを解説した動画


この連載でも以前紹介したThe Wilderness Downtownなど,ブラウザにおける表現能力を豊かにするHTML5やJavaScriptを推し進めながら,今後GoogleがChrome Experimentsでどのようなコンテンツを提供してくるのか,非常に楽しみです。

「3 Dreams Of Black」を楽しむには,一定の条件(Google ChromeなどWebGLをサポートしたブラウザとビデオカードの組み合わせ)が要求されますが,⁠新しい技術を組み合わせると,ブラウザの中でこういう世界を表現できるのか」と感動すること間違いなしですので,ぜひWebGLに対応した環境で,その新しい世界を体験して欲しいと思います。

こだわりの「専門店」

RANGEFINDER | レンジファインダー&レンズ&アクセサリ専門店 | ヨドバシ.com

家電量販店のヨドバシカメラが運営するECサイト「ヨドバシ・ドット・コム」にある,レンジファインダー専門店売場『RANGEFINDER | レンジファインダー&レンズ&アクセサリ専門店』です。

図5 ヨドバシカメラによるレンジファインダー専門店売場『RANGEFINDER』

図5 ヨドバシカメラによるレンジファインダー専門店売場『RANGEFINDER』

"レンジファインダー&レンズ&アクセサリ専門店"ということで,カメラやレンズ,アクセサリーの紹介,実際にウェブサイトの運営スタッフが撮影した作例など,レンジファインダーに関係するコンテンツで構成されています。

図6 運営スタッフが撮影したレンズの作例ページ。思わず見入ってしまう魅力がある

図6 運営スタッフが撮影したレンズの作例ページ。思わず見入ってしまう魅力がある

オンラインショップとは思えないようなデザインで構成されており,⁠ヨドバシ・ドット・コム」とはまったく異なる雰囲気ですが,⁠ヨドバシ・ドット・コム」を通じて,ウェブサイト内から気に入った商品を実際に購入できます。

好きだから,伝えられること

オンラインで何か商品を購入する場合,私たちが最も重視するのは,商品の"価格"ではないでしょうか。そのため,ほとんどのオンラインショップでは,そうした価格の比較に重点を置いた商品の配列や分類,ユーザーが価格を比較しやすいインターフェースを用意するのが主流となってきています。

しかし,高額商品の場合は価格のみが購入の決め手とはなりません。⁠商品の持つこだわりを所有したい」という欲望は,価格に勝る購入理由になりえます。そのため,納得して商品を購入してもらう理由を,一人1人ひとりが持つ"こだわり"に合わせ,ユーザーに提示する必要があります。

図7 商品紹介には,カメラが好きなら思わずニヤリとする記述が多い

図7 商品紹介には,カメラが好きなら思わずニヤリとする記述が多い

『RANGEFINDER』では,普通では気づかない,各商品の細かい違いやこだわりに対する記述が頻繁に登場します。一つひとつの商品に対する愛情が感じられるような商品紹介を読ませることで,ユーザーの持っているこだわりを刺激すると同時に,価格以外の購入理由を確立させることに成功しています。

商品を購入する理由は,ユーザーごとに異なります。商品の持つ魅力をどのように紹介していくのか,また,売り方の違いからどのようなコンテンツが提供されていくのかに注目して,オンラインショップを見ていくのも面白そうです。

というわけで,今回も最後まで読んでいただき,ありがとうございました。それでは次回をおたのしみに。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。