いま,見ておきたいウェブサイト

第62回 311 SCALE,Mario Kart Wii Experience,SPACE BALLOON PROJECT

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

熱くなったり寒くなったり,急激な気温の変化でおなかの具合も今ひとつで,夏を満喫できない今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

そぎ落とすことで,見えてくるもの

311 SCALE

株式会社日本デザインセンターによる,東日本大震災に関する情報を発信するプロジェクト『311scale』です。

図1 提供されている東日本大震災のデータを可視化した『311scale』

図1 提供されている東日本大震災のデータを可視化した『311scale』

credits:株式会社日本デザインセンター

「地震」⁠津波」⁠放射線」⁠電力」の4項目について, 気象庁,文部科学省,東京電力などから提供されているデータを可視化しています。ウェブサイト上で表現されているインフォグラフィックの色調や表現が,非常に落ち着いたものとなっているのも大きな特徴です。

冷静な判断を導く視覚表現とは

情報やデータを視覚的に表現するインフォグラフィックは,地図や道路標識,路線図をはじめ,私たちの日常のさまざまな場面で用いられています。こうしたインフォグラフィックのポータルサイトVisual.lyでは,多種多様のインフォグラフィックを閲覧・作成・共有できます。

図2 さまざまなインフォグラフィックが閲覧できる『Visual.ly』

図2 さまざまなインフォグラフィックが閲覧できる『Visual.ly』

美しいグラフィック表現と多彩な色使いを特徴としたインフォグラフィックスには,データに対する制作側の主張が視覚表現(例:あるデータを強調するために数字を大きく表示する,注意を引く色を使うなど)として入り込みます。そのため場合によっては,ユーザーが受け取るデータの印象が大きく変化することがあります。

『311scale』では,このような視覚表現でユーザーが情報に振り回されないよう,⁠演出しない」⁠主張しない」⁠世界の人々にとって,わかりやすい表現を行う」⁠可能な限りの正確さを守る」の4つを基本姿勢として,冷静に東日本大震災のデータを可視化しています。

情報を妄信せず,自分で考え,内容を判断できるように気を配ったこのプロジェクト。情報があふれ返り,各種メディアのリテラシー(情報を読み解き,必要な情報を識別する能力)が,個人に強く求められている現代では,今後こうした配慮がより重要になってくるのかもしれません。

スピード感ある,気持ちよいスクロール

Mario Kart Wii Experience

Nintendo Australiaによる,家庭用ゲーム機Wiiの専用ゲームソフト「Mario Kart Wii」のプロモーションサイト『Mario Kart Wii Experience』です。

図3 ⁠Mario Kart Wii」の内容を紹介する『Mario Kart Wii Experience』

図3 「Mario Kart Wii」の内容を紹介する『Mario Kart Wii Experience』

credit:Bliss Media

「Mario Kart Wii」の世界観やゲームの歴史を紹介するだけでなく,ユーザーのプレイ映像やソーシャルメディアとの連携を生かした内容になっています。

図4 マウスのスクロールホイールを使用したスクロールが特徴

図4 マウスのスクロールホイールを使用したスクロールが特徴

ウェブサイト内の各コンテンツへは,画面下部のナビゲーションや方向キーを利用して移動します。特にマウスのスクロールホイールを使用すると,⁠Mario Kart Wii」のスピード感を表現した,素早く気持ちのよいコンテンツ間の移動ができるのが特徴です。

エンターテインメント系のウェブサイトも変化の時か

Nintendoの「Mario Kart」シリーズの6作目である「Mario Kart Wii」は,今から3年前の2008年4月に発売されました。当然のことながら,各国でゲームの発売に合わせ,さまざまな「Mario Kart Wii」のプロモーションサイトが制作されています。

図5 Nintendo of Americaによる「Mario Kart Wii」のプロモーションサイトMario Kart Wii

図5 Nintendo of Americaによる「Mario Kart Wii」のプロモーションサイト『Mario Kart Wii』

credit:Fi

上で紹介している画像は,Fiによって制作された,Nintendo of Americaの「Mario Kart Wii」のプロモーションサイトMario Kart Wiiです。こちらはゲームの世界観を表現するために,Flashが得意とする,動きのある細かなアニメーションが特徴のウェブサイトになっています。

『Mario Kart Wii Experience』は,HTML5とJavaScriptライブラリのjQueryを中心に制作されています。個人的には,こうしたエンターテインメント系のウェブサイトは"まだまだFlashによる制作が定番"と思っていただけに,HTMLベースで制作されたウェブが登場してきたことに,少し驚きを感じています。今後こうしたウェブサイトが増えるのか,ゲーム以外のエンターテインメント系のウェブサイトを含め,注目していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入