いま,見ておきたいウェブサイト

第79回 Perfume official global website,TheCodePlayer,Project Re: Brief by Google

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

最新テクノロジーで,広告をリメイク

Home | Project Re: Brief by Google

図7 4つのブランドの広告キャンペーンをリメイクする『Project Re: Brief 』

図7 4つのブランドの広告キャンペーンをリメイクする『Project Re: Brief 』

1960年代から70年代にかけて展開された,アメリカを代表する広告キャンペーンを新たにリメイクするというGoogleの実験的プロジェクト,⁠Project Re: Brief』です。

図8 最新のテクノロジーで,過去のキャンペーンをリメイクしていく

図8 最新のテクノロジーで,過去のキャンペーンをリメイクしていく

Googleが,清涼飲料水のCoca-Cola,自動車のVolvo,制酸鎮痛剤のAlka-Seltzer,レンタカーのAvisというグローバルブランドと提携して,それぞれのブランドが過去に展開した有名なキャンペーン(Coca-Colaの「Hilltop⁠⁠,Volvoの「Drive it like you hate it⁠⁠,Alka-Seltzerの「I can't believe I ate the whole thing⁠⁠,Avisの「We try harder」の4つ)を,最新のテクノロジーを活用して一新させるというものです。

図9 制作されたコンテンツやコンセプト,完成までの映像も提供されている

図9 制作されたコンテンツやコンセプト,完成までの映像も提供されている

現在は,Coca-Colaの「Hilltop」とVolvoの「Drive it like you hate it」の2つの事例が公開されています。ウェブサイトでは,それぞれの事例について,過去のキャンペーン広告とそのコンセプト,リメイクされた広告のコンセプトと完成までのドキュメンタリー映像,使用された技術とその仕組みが紹介されています。

本物のコンセプトと,創造性の伝承

1971年に放送された,Coca-Colaの「Hilltop」

Coca-Colaの事例では,"人々をつなぐ"というコンセプトから「I'd like to buy the world a Coke.(世界中の人々にコーラをおごりたい⁠⁠」というコーラスを生み出した「Hilltop」を元に,インターネットを通じて,実際に世界中の人々にコーラをおごるという,新しい仕組みを作り出しています。

図10 新しい広告の仕組みを説明した図(⁠⁠誰かにコーラを送る」というバナーをクリックすると,世界中に設置された自動販売機を通じて,誰かにコーラが1本プレゼントされる。コーラをプレゼントされた人は,自動販売機から送り主にメッセージや動画を送ることができ,メッセージはGoogle Translateによって,自動的に翻訳される)

図10 新しい広告の仕組みを説明した図(「誰かにコーラを送る」というバナーをクリックすると,世界中に設置された自動販売機を通じて,誰かにコーラが1本プレゼントされる。コーラをプレゼントされた人は,自動販売機から送り主にメッセージや動画を送ることができ,メッセージはGoogle Translateによって,自動的に翻訳される)

Coca-Colaの「Hilltop」がリメイクされるまでを追ったドキュメンタリー映像

ドキュメンタリー映像では,⁠検索とメールぐらいしかやらない」と語っていた,元アートディレクターのHarvey Gaborが,Googleの若い社員と討論を重ねながら,現代のテクノロジーとアイデアを結びつけ,再度,コカコーラに対してオリエンテーションをする姿が描かれます。すでに一線から退いているHarvey Gaborが,現代のテクノロジーを理解していく姿には熱いものを感じます。

それ以上に,過去に生み出したコンセプトが,現代でも通用する"本当に優れたもの=本物"であることを証明したこと,また,現代のテクノロジーでコンセプトを新しく形にしていく作業によって,クリエイティビティの伝承が行われることを考えると,非常に素晴らしい,意味のあるプロジェクトであると思います。温故知新とでもいうべき,新たなコンテンツがどう生み出されるのか,今後公開される2つの事例を楽しみにしたいと思います。

というわけで,今回も最後まで読んでいただき,ありがとうございました。それでは次回をおたのしみに。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。