いま,見ておきたいウェブサイト

第89回 One Race, Every Medalist Ever,Ballantyne,Official Olympic Channel by the IOC - YouTube

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

4年に一度のオリンピックとお盆休みが終了し,そろそろ夏も終わりかなと感じてきた今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

比較が示す,メダリストの偉大さ

One Race, Every Medalist Ever - Interactive Graphic - NYTimes.com

NYTimes.comによる2012年ロンドンオリンピックの特集コンテンツの一つ,⁠One Race, Every Medalist Ever』です。

図1 NYTimes.comのインタラクティブグラフィック,⁠One Race, Every Medalist Ever』

図1 NYTimes.comのインタラクティブグラフィック,『One Race, Every Medalist Ever』

オリンピック種目の一つ,陸上の「男子100m競争」をテーマに,歴代のメダリストを紹介しながら,打ち立てられてきた記録を,さまざまな角度から比較・解説していきます。数値などを並べて単に比較するのではなく,3Dモデルの使用や記録の見せ方にも工夫が感じられる内容となっています。

図2 さまざまな角度から「男子100m競争」の記録を比較していく

図2 さまざまな角度から「男子100m競争」の記録を比較していく

より深い興味のために

「男子100m競争」以外にも,水泳の男子100m自由形」⁠陸上の男子走り幅跳びで同様のコンテンツを提供しています。

図3 ⁠Bob Beamon's Long Olympic Shadow』では,⁠男子走り幅跳び」の記録を解説している

図3 『Bob Beamon's Long Olympic Shadow』では,「男子走り幅跳び」の記録を解説している

また,オリンピックでは実際に競技を視聴していても,一瞬で終わってしまったり,つい見逃したりする場面があります。ロンドンオリンピック期間中のNYTimes.comでは,こうした場面もThe First Goal in the U.S. Victory in the Women's Olympic Soccer Finalのような詳しい解説付きのコンテンツとして,連日,視聴者に提供していました。

「知識と理解」から,⁠興味や楽しみ」が始まるというのは,どの分野にも共通することではないでしょうか。わかりやすい解説で正しく知識を吸収し,より深い理解へと誰もが進めるための工夫がされたこうしたコンテンツが,スポーツのみならず,さまざまな分野で進んでいくことを期待したいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入