いま,見ておきたいウェブサイト

第106回 Google Street View Hyperlapse,Scratch,Domino's Live and Uncut

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

通勤中に電車を途中下車し,どこかにふらっと出かけたくなるような,さわやかな天候が続いている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

画像から生み出される,美しい動画

Google Street View Hyperlapse

カナダ・オンタリオ州トロントのデザイン会社,Teehan+Laxによるプロジェクト,⁠Google Street View Hyperlapse』です。

図1 Google Street Viewを利用して動画を作る『Google Street View Hyperlapse』

図1 Google Street Viewを利用して動画を作る『Google Street View Hyperlapse』

credit:Teehan+Lax

ウェブサイトの画面右側に表示される「Google Maps」上で,AとBの2つのマーカーを使って「始点」「終点」を選択すると,その2点間を移動する動画が自動的に作られます。作成した動画上では,マウスをドラッグすることで,リアルタイムに視点の変更が可能です。

図2 作成した動画は,自由に視点の変更が可能

図2 作成した動画は,自由に視点の変更が可能

「画像の連続再生=動画」という気付き

行き先までの経路をわかりやすく教えてくれる「Google Street View」は,驚くほど便利なツールです。事前に確認しておけば,初めての場所でも,落ち着いて迷うことなく行動できるなど,その便利さは誰もが認めるところでしょう。

「Google Street View」では,画像を切り替えることで場面の移動を行いますが,⁠Google Street View Hyperlapse」では,その「切り替わる画像を連続再生すれば,動画になる」という,動画の仕組みそのものを生かしたアイデアが実に素晴らしいと思います。本来なら「Google Street View」で実現されていてもおかしくない機能でしょう。

「Google Street View Hyperlapse」で制作された動画を使ったプロモーション映像

Google Street View Hyperlapse from Teehan+Lax Labs on Vimeo.

現在,制作した動画を共有するなどの機能はありませんが,ソースコードがGithubで公開されており,今後,新しい機能が次々と追加される可能性も秘めているこのウェブサイト。こうした素晴らしい発想の転換から生まれてくるウェブサイトを,これからも期待したいと思います。

より身近になった,プログラミング環境

Scratch - Imagine, Program, Share

2013年5月9日にリリースされた,プログラミング言語環境「Scratch」の最新版「Scratch 2.0」です。

図3 子供をターゲットとしたプログラミング言語「Scratch」の最新版

図3 子供をターゲットとしたプログラミング言語「Scratch」の最新版

MIT Media Labによって開発された「Scratch」は,8歳~16歳の子供をターゲットとした,オブジェクト指向のプログラミング言語です。さまざまな機能を持ったブロックを組み合わせることで,アニメーションやゲームなどを作成しながら,プログラミングが学べます。

図4 ブロックを組み合わせることで,プログラミングが学べる

図4 ブロックを組み合わせることで,プログラミングが学べる

今回のリニューアルでは,ブラウザ上でプロジェクトの作成・編集・閲覧などが可能となり,ウェブカメラの利用が可能になるなど,新しい機能も追加されています。

ブラウザ上のアプリケーションが変えるもの

PCの低価格化も大きな理由のひとつですが,現在,子供たちがコンピューターを利用する時間は格段に増えています。学校の授業では,基本的な操作や「ブラウザ」⁠メール」などの使い方だけでなく,⁠プログラミング」を教える機会も増えており,筆者の子供時代と比較すると,うらやましいほどの環境が整っています。

今回の「Scratch 2.0」は,ブラウザ上で動作するアプリケーションとなっています。プロジェクトの制作が可能になっただけでなく,ソフトウェアをインストールする手間もなくなり,インターネット環境が整っていれば,どこでも学習を始められるようになりました。

こうしたブラウザという最も身近なソフトウェア上で,デスクトップのアプリケーションが動くようになる例は,今後も増えるでしょう。誰もが使い慣れた環境で多彩なツールが動くようになった時,特に,子供たちのような好奇心が旺盛な世代にどのような影響が出てくるのか,注視していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入