いま,見ておきたいウェブサイト

第109回 FONTA,Words,Cube Slam

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

扇風機だけでは耐え切れない厳しい猛暑が続くのかと思いきや,突然の涼しさにもう秋なのかなと妄想を始めた今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

みんなが参加できるフォントづくり

FONTA 一人一文字 みんなでつくるフォント

数字や漢字,アルファベットを合わせた約7000文字の文字を,ユーザーが手書きしてフォントを作るというウェブサイト,⁠FONTA』です。

図1 ユーザーがフォントを作っていく『FONTA』

図1 ユーザーがフォントを作っていく『FONTA』

credit:KAYAC Inc.

Facebookアカウントを利用して,自分が書きたい文字を選び,フォントを手書きで制作していきます。制作されたフォントは,Webフォントやダウンロードして使用できます。フォントを制作する時の制限は特にないため,個性的なフォントも多く見られます。

図2 一つひとつのフォントが,ユーザーの手書きで作られる

図2 一つひとつのフォントが,ユーザーの手書きで作られる

ユーザーの力は,どこまで頼れるか

不特定多数のユーザーの能力を利用して,プロジェクトを完成させていくという手法は,以前から多く見られます。個人的には,今回の『FONTA』を閲覧した時に,2008年に行われたTen Thousand Centsを思い出しました。

図3 10,000個に分割した100ドル紙幣を再描画するプロジェクト,⁠Ten Thousand Cents」

図3 10,000個に分割した100ドル紙幣を再描画するプロジェクト,「Ten Thousand Cents」

「Ten Thousand Cents」は,Amazon Mechanical Turk(プログラムと人力を組み合わせて,コンピューターだけでは不可能な仕事を処理するというサービス)を通じて,100USドル紙幣を10,000個に分割し,ひとつの描画に対して1セントを支払って再描写してもらうというプロジェクトです。

「Ten Thousand Cents」の内容を説明した動画

プロジェクト内容を説明した動画では,1セントという報酬に対して,元画像と同じになるようきちんと描く人,全く関係ない絵柄を描画する人など,同じ条件でさまざまに反応するユーザーの多彩な行動が紹介されています。この「Ten Thousand Cents」とは異なりますが,同じようにユーザーの力を利用する『FONTA』がどのようなフォントを生み出すのか,その結果を楽しみにしたいと思います。

ウェブサイトにおける,言葉の重要性

Words

メールのニュースレターサービスを手がけているIndustry Mailoutのプロダクトマネージャー,Justin Jacksonによる『Words』です。

図4 ウェブサイトにおける言葉の重要性を問いかける『Words』

図4 ウェブサイトにおける言葉の重要性を問いかける『Words』

credit:Justin Jackson

ウェブサイトはシンプルなレイアウトと最低限の装飾によって構成されていますが,その主役は,英語で書かれているテキスト部分です。ウェブサイトを構成する要素の一つ,言葉について,その重要性を読む人に問いかける内容となっています。

図5 日本語など,16カ国語に翻訳されている

図5 日本語など,16カ国語に翻訳されている

本文は英語で書かれていますが,すでに16カ国語に翻訳されています。笠井枝理依さんによる,日本語訳も用意されています。

ウェブサイトに“必要なもの”とは

こうしたテキスト中心のウェブサイトは,日本でも10年ほど前に大流行した「テキストサイト」を思い起こさせます。当時は回線速度の問題などもあり,文字色やサイズを変えたテキストを利用して,コンテンツを誰もがわかりやすく表現するという方法を用いたウェブサイトが人気を集めていました。

図6 日本でも大流行した「テキストサイト」の一つ,⁠侍魂』

図6 日本でも大流行した「テキストサイト」の一つ,『侍魂』

ウェブサイトが登場してから今日まで,コンテンツにおけるテキストの重要性は変わっていません。個人的には,すでにこうしたテキストが最重要という時代から,デザインやレイアウト,アイコンや画像の質まで,コンテンツを構成するすべての要素で,まったく手が抜けない時代へと移行していると考えています。

ただし,そうした時代だからこそ,コンテンツにまったく関係ないもの,必要のないものをウェブサイトに付け加えてしまう事例も多いことでしょう。この『Words』をじっくりと読み進めながら,誰もが利用しているウェブサイトで⁠本当に必要なもの⁠とは何かを,もう一度考える良い機会にしたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入