いま,見ておきたいウェブサイト

第110回 The Future of Airline Websites,Pick the Hole Location Challenge,Audi USA

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ようやく猛暑にも体が慣れ始めたものの,まだまだ真夜中の喉の渇きと寝苦しさを感じる今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

未来の航空会社のウェブサイト,見せます

The Future of Airline Websites

アメリカ・ニューヨークを拠点とする広告代理店,Fantasy Interactive(以下Fi)による理想の航空会社のウェブデザインを提案した『The Future of Airline Websites』です。

図1 理想の航空会社のウェブサイトを提案している『The Future of Airline Websites』

図1 理想の航空会社のウェブサイトを提案している『The Future of Airline Websites』

credit:Fantasy Interactive, Inc.

「2012年には,旅行の計画を立てるのに,旅行者の87%がインターネットを利用している」という,アメリカのコンサルティング会社J.D.Power and Associatesによる調査結果をもとに,主要な航空会社のウェブサイトを様々な観点(デザインや使い勝手,情報の整理など)から採点した結果をもとに,未来の理想の航空会社のウェブデザインが提案されていきます。

図2 ウェブサイトでは,さまざまなデザインを通して,提案が紹介されていく

図2 ウェブサイトでは,さまざまなデザインを通して,提案が紹介されていく

『The Future of the Airline Website』では,現在の航空会社のウェブサイトへの提案として,⁠更新スピードとシンプルさ」⁠自社ブランド強化のためのオンライン体験」⁠旅行アドバイザーの役割」⁠予約プロセスの改善」⁠美しく迅速なアクセス」⁠各デバイスで一貫した体験」を挙げながら,実際にそのデザインとインタラクションをウェブサイト上で見せてくれます。

気になる提案の行方

ウェブサイトを通じて,⁠The Future of the Airline Website』のような形で自分たちのアイデアや提案をオープンにすることは,自信がなければできないことでしょう。今回,Fiがこうした行動を起こした理由のひとつが,⁠旅行の計画時に,航空会社は相手にされていない⁠という現実です。ウェブサイトでも,⁠現代の航空会社にで提供されているオンライン予約は90年代で止まったまま」⁠航空会社がデジタルの経験を抜本的に改善しない限り,⁠第三者⁠が航空会社の利益に食い込み続ける」といった,厳しい言葉が並びます。

例えば,明日から海外に旅行すると仮定した場合,まず最初に訪れるウェブサイトは,オンラインの旅行会社でしょう。複数のサービスを縦断的に検索して,ユーザーに最適なプランを提案する仕組みは,ユーザーにとって,実に便利にできています。⁠世界最大のオンライン旅行会社⁠と呼ばれるExpediaやPriceline.comなどは特に有名ですが,どのサービスもユーザーを惹きつける個性(⁠旅の快適度」で比較できるhipmunk(ヒップマンク)や,当日空いているホテルの予約機能だけを提供するHotel Tonightなど)を持っているのが特徴のひとつです。

図3 航空券検索サービスのひとつ,hipmunk。⁠出発地」⁠行き先」⁠日程」を入力すると,複数条件を簡単に比較できる。ボタンも少なく,シンプルでわかりやすい。

図3 航空券検索サービスのひとつ,hipmunk。「出発地」「行き先」「日程」を入力すると,複数条件を簡単に比較できる。ボタンも少なく,シンプルでわかりやすい。

こうした強力な個性を持つサービスに負けない仕組みを,航空会社が実際に構築できるのか。⁠The Future of the Airline Website』のような提案であっても,それが実現できるかは別の問題です。今現在,航空会社が強力なウェブサイトを構築できているかを考えてみれば,その道は平坦なものではないことに,誰もが気づくでしょう。

『The Future of Airline Websites』の内容をまとめた動画

Is This The Future of The Airline Website? from Fantasy Interactive on Vimeo.

そうした状況でも,Fiは諦めを知らないようです。ウェブサイトの最後には,"Let⁠s work together, take the lead, and chart the course that others will follow."(一緒に取り組んで,先導して,他が後を追うような進路を示しましょう。)といった熱意のある言葉が並びます。この提案から新たな仕事が実現するのか,また,実際の事例でこの内容がどれぐらい実現するのかなど,興味はつきませんが,現状をひっくり返すような,航空会社のウェブサイトがこれから誕生するのかどうか,今後の動きに注目したいと思います。

あなたの投票が,選手のプレイを変える

Pick the Hole Location Challenge - Hosted by Jack Nicklaus | PGA.com

ニューヨーク州ロチェスターにある「オークヒル・カントリークラブ」で開催された,ゴルフの世界4大メジャートーナメント大会の1つ,⁠PGA Championship(全米プロゴルフ選手権)⁠で実施されたユーザー参加型イベント,⁠Pick the Hole Location Challenge』です。

図4 ユーザーの投票で,ピンの位置が決定される『Pick the Hole Location Challenge』

図4 ユーザーの投票で,ピンの位置が決定される『Pick the Hole Location Challenge』

ウェブサイトでは,⁠PGA Championship」が開催される「オークヒル・カントリークラブ」15番ホール(パー3)の4つのピンの位置が表示されています。用意された動画や説明文を参考に,ユーザーが1つを選択し,投票します。最終的に最も多い票数を獲得したピンの位置が,実際に最終日(8/11)の15番ホール(パー3)で採用されました。こうしたイベントは,ゴルフのメジャー大会では史上初の試みとなります。

“観るだけ”から変化する,スポーツ観戦

日本でも,毎週のように多くのスポーツ大会が開催されています。こうしたイベントでは,⁠観戦すること⁠がファンの最大の楽しみではないでしょうか。ただし,⁠自分ならこうする」と想像しながら観戦中に大声をあげてみても,それらが実際の選手のプレーに与える影響は小さいでしょう。

図5 ユーザー投票の結果,最終日のピン位置は「C」に決定した

図5 ユーザー投票の結果,最終日のピン位置は「C」に決定した

今回の『Pick the Hole Location Challenge』では,実際のピンの位置がユーザーの投票で決定しており,プレーする選手に大きな影響を与えることとなりました。試合結果でも,最終日の15番ホールの平均スコアが3.2133となり,⁠大会4日間で最も難しいピンの位置となった⁠ことがデータでも証明されています。

ファンにとって,こうした試みは非常に新鮮に感じられるでしょう。もちろん,すべてのスポーツで,ユーザーの決定が競技に直接影響を与えられることはできませんが,今までのような⁠観戦するだけ⁠という考え方が少しづつ変わっていくことで,スポーツがより身近で興味深いものとなっていくことでしょう。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入