いま,見ておきたいウェブサイト

第113回 電通報,SOUR / Life is Music ,Melbourne Remote Control Tourist

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

朝夕の冷え込みとともに,街中の木々でも紅葉が進み,⁠今年はどこに紅葉狩りに行こうか」と考え始めている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

時代に合わせ,生まれ変わった広報紙

電通報

インターネット環境で日々変化を続ける広告業界の動向を配信するため,生まれ変わった『電通報』です。

図1 インターネットを通じて閲覧可能になった『電通報』

図1 インターネットを通じて閲覧可能になった『電通報』

1946年2月の創刊以来,タブロイド判で月2回発行していた『電通報』が,インターネットでも閲覧できるようになりました。⁠これまで以上に積極的でリアルタイムの情報発信を行う」というだけでなく,指定したキーワードで記事をリスト化できる「フィルタリング機能」や,コラムの執筆者やインタビューに登場した人物のプロフィールが閲覧できる「ピープル・リスト機能」が実装されています。

図2 ウェブサイト化に伴い,フィルタリングなどの便利な機能も実装された

図2 ウェブサイト化に伴い,フィルタリングなどの便利な機能も実装された

また時代に合わせて,PCやタブレット端末などにも対応し,Facebookページでは更新情報なども発信しています。なお,今まで発行していたタブロイド判電通報も,デザインとオリジナルコンテンツを中心とした内容に刷新され,今後も月刊で発行されます。

Webフォントの"カーニング"は一般化するか

今回リニューアルされた『電通報』ですが,ウェブサイトでWebフォントが使われていることがわかります。さらに注目してみると,テキストをそのまま打ち出している(ベタ組み)のではなく,カーニングされていることに気づくでしょう。

ウェブサイトのソースを調べてみると,jQueryを使った独自のカーニングエンジン「DLTRKerning.js」が導入されています。この「DLTRKerning.js」では,数字,アルファベット,記号,ひらがな,カタカナのカーニングが数値で指定されていることがわかります。

図3 文字ごとのカーニングが数値で指定されている「DLTRKerning.js」

図3 文字ごとのカーニングが数値で指定されている「DLTRKerning.js」

画像のような美しい文字表現やテキストとしてのデータも利用できることなどから,最近では国内外で,Webフォントを利用したウェブサイトをよく見かけます。こうした中で,最も問題になっていた部分がカーニングでしょう。文字はより美しく,読みやすくなるカーニングの効果は,誰もが納得してくれるでしょう。

漢字を含めれば2万字を超える日本語の文字数を考えれば,まだまだカーニングの甘い部分もあります。それでも,Webフォントの次の表現レベルに挑戦したこうした試みが,今後いろいろなウェブサイトで採用されていくのかどうか,注目してみたいと思います。

ファンとミュージシャンによる,新しいサイクルの形

SOUR / Life is Music

「音楽のようにサイクルしていく人生」というコンセプトから生まれた,SOURの新曲「Life is Music」をフィーチャーしたウェブサイト,⁠SOUR / Life is Music』です。

図4 SOURの新曲「Life is Music」の特設ウェブサイト『SOUR / Life is Music』

図4 SOURの新曲「Life is Music」の特設ウェブサイト『SOUR / Life is Music』

ウェブサイトでは,⁠フェナキストスコープ(絵が描かれた円板を鏡に映して回転させ,動くスリットから透かして見ると絵が動く)⁠という手法を使って制作されたミュージックビデオと,その製作過程の動画が閲覧できます。また,実際にミュージックビデオの中に登場する189枚のCDの絵柄と回転させた時のアニメーションが確認できます。

SOURの新曲『Life is Music』のミュージックビデオ

生み出された新たな価値をどう循環させるか

今回のミュージックビデオ制作では,クラウドファンディングサイトのGREEN FUNDINGKickstarterを活用しています。制作資金を捻出するための方法はいろいろあると思いますが,こうした形の支援を募ることで,ファンには「自分も制作に参加している」という感覚が生まれます。

SOURの新曲『Life is Music』のメイキング映像

また,⁠Life is Music』のミュージックビデオで実際に使用された189枚のCD(全てに異なった絵が描かれている)を,世界に1枚だけの「アート・ディスク」として販売することで,今では購入することも減ってきたCD自体を,ファンにとって"価値のあるコレクターズアイテム"へと変貌させています。

制作した音楽以外の新しい価値を生み出しながら,それらをファンにどう循環させていくのか。今回の事例では「最初から最後までミュージックビデオの制作過程に参加し,支援する」という価値に重点が置かれていますが,あくまでミュージシャンの例だと考えるのではなく,既存のさまざまな分野でも,こうした仕組みが生かせるのではと感じています。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入