いま,見ておきたいウェブサイト

第128回 Choose Your View(YouTube),Bond,Nintendo Creators Program

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

風邪やインフルエンザにも耐え,ようやく厳しい寒さに体が慣れつつある今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

演奏は,どこからでも楽しめます

Madilyn Bailey - YouTube(Choose Your View)

2014年12月16日に開催された「YouTube Music Night」の映像をマルチアングルで楽しめる,YouTubeの「Choose Your View」です。

図1 用意されたアングルを切り替えながら動画を楽しめる「Choose Your View」

図1 用意されたアングルを切り替えながら動画を楽しめる「Choose Your View」

ウェブサイトでは,Madilyn Baileyが歌った"Ball Gowns & Broken Crowns"の動画を再生しながら,用意された4つのカメラアングルをユーザーが自由に切り替えながら,動画を楽しめます。

図2 ユーザーは用意された4つのカメラアングルを自由に切り替えられる

図2 ユーザーは用意された4つのカメラアングルを自由に切り替えられる

動画の楽しみを広げる,新機能の追加

YouTubeでは,高画質の動画再生や動画の収益を受け取る「パートナープログラム」⁠アノテーション機能や今回紹介したマルチアングル機能など,次々と新しい機能を導入してきました。先月,アメリカで開催された「CES 2015」では,新たにフランスのGIROPTIC社とパートナーシップを結び,新たなビデオフォーマットを発表しています。

"YouTube 360"と呼ばれる,この新しいビデオフォーマットは,GIROPTIC社による"世界初のフルHD360度カメラ"360camで撮影された映像をYouTubeにアップロードすれば,そのまま視聴できるだけでなく,映像のアングルを360度自由自在に動かせるというものです。

YouTubeの機能追加を見ていると,動画をただ再生するのではなく,さまざまなインタラクションを加えながら,動画の楽しみ方を広げていく機能を取り入れていく姿勢が見えてきます。追加される新機能によって,ユーザーと動画との関係がどう変化していくのか,これからもYouTubeの動きに注目していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入