いま,見ておきたいウェブサイト

第133回 Apple(apple.com),MINIATURE CALENDAR,The Art of Hearing Game

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

5月頃から始まった前例のない暑さがようやく影を潜め,行けなかった場所やイベントにも足を伸ばそうとワクワクしている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

時代に合わせた“リニューアル”

Apple

全世界一斉に大幅なリニューアルが行われた,Apple Inc. のウェブサイト『apple.com』です。

図1 大幅なリニューアルが行われた『apple.com』

図1 大幅なリニューアルが行われた『apple.com』

最も大きな変更点として挙げられるのは,画面上部から「ストア」の文字がなくなったことでしょう。ただ文字が消えただけではなく,⁠store.apple.com」のドメインそのものが消滅しており,代わりにいつでも中身を確認できるショッピングカートのような機能を持った「バッグ」という項目が登場しています。

図2 製品紹介ページは,縦に長いシングルページ構成になっている

図2 製品紹介ページは,縦に長いシングルページ構成になっている

また,スマートフォンやタブレットといった,モバイルデバイスからのアクセスにフォーカスした,縦に長いページやコンテンツが目につくようになりました。特に,製品紹介ページや購入ページでは,どのページも縦に長いシングルページ構成となっているのが特徴です。

よりモバイルデバイスに寄り添う変更

『apple.com』にある,オンラインのApple Storeをご利用のお客様へでは,今回のウェブサイトのリニューアルについて,以下の様な説明がされています。

ショッピング体験と製品情報を組み合わせることで,すべてのお客様にとってよりシンプルなサイトを作り上げました。これによりどなたでも一段と簡単に最新の製品を見つけ,購入することができます。apple.com全体がショッピングの場となり,製品の魅力を知ったその場で購入できるようになったのです。

(中略)

このアップデートにより,apple.com上で製品を知り,購入する方法が大きく進化すると私たちは考えています。

オンラインのApple Storeをご利用のお客様へより引用

「ウェブサイトのどこからでも,商品を確認して購入できる」ことを目指した今回のリニューアルでは,わざわざ「ストア」に行くことなく,商品を確認してその場から購入できるよう,購入までのステップをより簡単にしています。

ウェブサイトを通じて「商品を購入する」場合,PCであれば,ブラウザのタブをいくつも立ち上げ,何度も複数のページを行ったり来たりしながら,最終的にストアに行って購入することが簡単にできます。しかし,モバイルデバイスであれば,限られた画面の広さや複数のページを往復する煩わしさから,購入を諦めてしまうユーザーも少なくないでしょう。

現在増加しているモバイルデバイスからの製品購入を考えれば,今回の『apple.com』のリニューアルは,むしろ当然とも言えます。⁠快適に商品を調べて購入する」という行為の主人公が,⁠PC」ではなく,⁠モバイルデバイス」へと変化しつつある,現在の大きな流れを感じさせる事例でした。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入