いま,見ておきたいウェブサイト

第135回 Adobe Project Comet,Hermès - Apple,U.S. Web Design Standards

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

空気の乾燥による風邪の流行を気にしながらも,年に一度のさまざまな秋の味覚の登場に心躍らせている今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

ようやく登場した,UIデザインツールの本命

User experience, prototyping and design app | Adobe Project Comet

2015年10月に開催された「Adobe Max 2015」で発表された,Adobeの新しいUIデザインツール「Project Comet」のウェブサイトです。

図1 Adobeが開発している,新しいUIデザインツール「Project Comet」

図1 Adobeが開発している,新しいUIデザインツール「Project Comet」

“the first all-in-one solution for UX designers(UXデザイナーのための最初のオールインワン・ソリューション)⁠とコメントされている「Project Comet」では,⁠Design」「Prototype」の2つのモードが用意されています。ビジュアルデザインを制作する「Design」では,アプリのデザインなどで頻繁に要求される,繰り返されるデザインパターンを素早く制作・変更する機能(Repeat Grid)も用意されています。⁠Prototype」では,制作した各オブジェクトをリンクさせて,画面の遷移をリアルタイムで確認できます。

「Adobe Max 2015」の基調講演で発表された「Project Comet」の紹介動画

始まった“UIデザイン”へのフォーカス

デザイナーがモバイルデバイスにおけるWebやアプリのUIデザインを行う機会が増えている現在,さまざまなUIデザインツール,プロトタイピングツールが利用されています。最近では,Googleが買収したPixateが話題になりましたが,UIデザインだけでなく,画面遷移のアニメーションも設計できるなど,デザインから一歩踏み込んだ機能を盛り込んだツールも登場しています。

UIデザインツールの中で,最も注目されているのがSketchでしょう。新規開発が中止された「Adobe Fireworks」の後継ソフトとしてだけではなく,UIデザインを行うために必要な機能を絞ったことによる使い勝手の良さと軽快な動作が注目され,高い評価を受けています。

図2 すでにUIデザインのツールとして,一定の評価を得ている「Sketch」

図2 すでにUIデザインのツールとして,一定の評価を得ている「Sketch」

こうした⁠UIデザインツール=Sketch⁠という流れの中,2015年6月のアップデートで,Photoshop CCに「デザインスペース」というUI制作のための設計モード,複数のデバイスを対象としたデザイン作業を効率化する「アートボード」⁠iOSアプリ「Adobe Preview CC」を利用したリアルタイムプレビューといった,UI制作のための機能が⁠ようやく⁠追加されました。

もちろん「Sketch」でも,Photoshopに追加されたものと同様の機能が利用できます。しかし,今まで要望がありながら,Photoshopでは実現できなかった機能を実現したアップデート内容から,Adobeが「次にどの分野にフォーカスしていくのか」が見えてきます。

Design with Data - Adobe MAX 2015 - Sneak Peeks

「AdobeもようやくUIデザインの分野に本腰を入れてきたな」と感じさせる「Project Comet」のパブリックベータ版は,2016年の初めに登場し,年内に正式版がリリースされる予定です。PhotoshopやIllustratorとの連携も含め,既存のUIデザインツールやプロトタイピングツールにどんな影響をもたらすのか,注目していきたいと思います。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入