いま,見ておきたいウェブサイト

第138回 日産:#猫バンバンプロジェクト,NHK VR NEWS,Amazon Lumberyard

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

厳しい寒さも次第に緩み,いよいよ心地よく落ち着いた日中が過ごせるかと思っていたところ,毎年恒例のムズムズ・ズルズルの魔の手が忍び寄る気配を感じ始めた今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

ドライバーも,猫も安心できる社会への第一歩

日産:#猫バンバンプロジェクト 猫も人も安心して過ごせる社会のために。

日産自動車による特設サイト「日産:#猫バンバンプロジェクト 猫も人も安心して過ごせる社会のために。」です。

図1 日産自動車による「猫バンバン」というアクションを普及させるための特設サイト

図1 日産自動車による「猫バンバン」というアクションを普及させるための特設サイト

タイトルにもある「猫バンバン」とは,ドライバーが乗車前にボンネットを軽く叩き,車体を揺らす動作のことです。冬になると,ネコが寒さをしのぐために,自動車のボンネット内やタイヤの隙間などに入り込むため,そのままエンジンをかけて思わぬ事故が多発します。この「猫バンバン」を行うことで,自動車に入り込んでしまったネコを自動車の外に逃がし,事故が起きるのを未然に防ごうというプロジェクトです。

図2 特設サイトでは,ロゴやステッカーのデータも提供されている

図2 特設サイトでは,ロゴやステッカーのデータも提供されている

ウェブサイトでは,「のるまえに#猫バンバン」と書かれたマグネットステッカーの配布(現在は終了)や,ロゴ・ステッカーデータも提供されるなど,「猫バンバン」というアクションを広める活動を行っています。また,日産自動車の公式TwitterやFacebookといった公式SNSでも,この運動を広める情報発信が行われています。

情報拡散のためのパッケージ作りの重要性

「猫バンバン」という言葉は,以前から様々な団体が使用していました。例えば,JAF(日本自動車連盟)の公式Twitterでは,今から3年前の2013年11月1日に「猫バンバン」を取り上げており,現在までに15,000を超えるリツイートがされています。

これ以外にも,動物病院や猫関連のボランティア団体などが,「猫バンバン」という言葉を使用してきました。とはいえ,こうしたSNSやウェブサイトなどの活動を通じて,今回「猫バンバン」を初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。

現在,さまざまな情報を拡散するにあたっては,ウェブサイトやSNSを利用することが必要不可欠です。今回,日産自動車は「猫バンバン」という言葉とアクションを知ってもらうため,SNSやウェブサイトというインターネット上の活動だけでなく,実際に活動を行ってもらうドライバーにステッカーを配布したり,印刷可能なステッカーのデータを提供しました。こうした,より多くのドライバーや周囲の人に知ってもらうためのパッケージづくりに注力したことが,プロジェクト成功の原因となっています。

プロジェクトに賛同した方々が撮影した動画を利用して制作された動画

最近では,このプロジェクトに賛同した方々が撮影した動画を使った,プロジェクトの説明動画も公開されました。再生回数もすでに80万回を超え,さらなる広がりを見せています。日産自動車は,今後もウェブサイトや公式SNSから,ドライバーに「猫バンバン」を促すメッセージを継続的に発信していくとのこと。「猫バンバン」が,誰もが知っている,あたりまえのアクションとなることを期待しています。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。

コメント

コメントの記入