Windows 8に学ぶ次世代ユーザエクスペリエンス

第5回 Surface RT,日本上陸

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

米国では昨年10月のWindows 8の登場とともに,専用タブレットのSurface Pro/Surface RTが発表され注目を集めました。その後,日本での登場も待たれていた端末が,10日ほど前の3月25日,Windows RT日本語版として発売されました。

Surface RTの発売記念パーティの様子

Surface RTの発売記念パーティの様子

Surface RT

Surface RT

今回は,Surface RTの機能を紹介しながら,これから考えられるユーザ体験と開発者の心構えについてお話します。

Surface RTの基本機能

詳細は以下の公式サイトで紹介されていますが,その中で,知っておきたい基本機能を紹介します。

Windows 8と同等のWindows RTを搭載

Surface RTに搭載されているOSはWindows RTです。これは,Windows 8のARM向けのOSで,ほぼWindows 8と同等の機能となっています。オフィススィートの最新版「Office 2013 RT」が搭載されているのが特徴の1つです。

Office 2013のExcel

Office 2013のExcel

タッチパネルを利用したModern UIをはじめ,Windows ストアアプリでさまざまな用途で利用可能です。

工夫された筐体とキーボード

Surface RTは,筐体とキーボードにも特徴があります。10.6インチClearType HDディスプレイで筐体の薄さは9ミリ。そして,キックスタンドと呼ばれるパーツが用意されており,ハンズフリーやテーブルに置いたうえでの操作ができます。

キックスタンドを使っているところ

キックスタンドを使っているところ

また,入力装置として2種類のキーボードがあります。感圧式キーボードの「タッチカバー」と,打鍵感のあるタイピングが可能なキーボードを備えた「タイプカバー」です。

他にもさまざまな特徴を備えたSurface RTは,Microsoft初のPC型デバイスとして期待され登場しました。

ノートPCの代替機となるか?

さて,ここ日本での状況を見ると,タブレットについては先行して発売されているAppleのiPad/iPad miniや,各メーカが提供するAndroidタブレットのユーザが増えており,Surface RTの入る余地があるのかどうか,市場として注目を集めています。

Windowsの機能+タッチUIの融合

こうした中,MicrosoftはノートPCのセカンドマシンの位置付けとして,とくにビジネスユースとしての展開を狙っていると思われます。その理由の1つは,先ほども紹介したOffice 2013 RTを標準搭載している点です。

これにより,従来のタブレットでは「メール+Webブラウジングぐらいまでかな」と思っていたユーザ層に向けて,大きなアドバンテージを提供できます。また,後述しますが,そもそもタッチUIを意識したアプリケーションであるため,デバイスとの親和性が高くなっているのです。

Surface RTの展望

開発者の狙いどころはWindows ストアアプリ

ビジネスユース,Windowsマシンとの互換といった強みを持つSurface RTにとって,今一番足りていないのは,その他のアプリケーションです。iOSやAndroidに比べて,後発ということもあり,アプリ開発者数は少なく,結果として,アプリ数もまだまだこれからと言えます。

言い換えれば,新しいアプリを投入するチャンスが広がっており,アプリ開発者にとっては狙いどころとも言えます。過去4回で,Windows 8のUXについて紹介してきましたが,そうしたポイントを押さえながら,タッチUI/タブレットならではのアプリを開発することで,たくさんのユーザを獲得できるアプリケーションを開発できるのではないでしょうか。

次回最終回では,Windows 8登場後の半年を振り返りながら,これからのWindows 8およびWindows ストアアプリの開発およびデザインのポイントをまとめてみたいと思います。

クラウド連携スキルを高める無料ハンズオントレーニング開催!

クラウド環境でのアプリケーション開発事例が増えつつある現状を踏まえ、開発者向けに Windows Azure をテーマとした無料のハンズオントレーニングを連続開催します。
詳細,ご参加はこちらから↓

画像

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入