WSEA(Web Site Expert Academia)

第1回 連載開始にあたって

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

連載を始めるにあたって

前田邦宏氏より

はじめまして関心空間代表の前田邦宏です。

今回WebSiteExpertAcademiaと称して連載する対談企画は,ネットサービスの事業企画や制作立案に携わるプロデューサーやプランナーの方が,新規性や独自性ある企画を考案する際に,ネット全般のトレンドや画一的なマーケティングデータにとらわれず,自由な発想とアイディアを持って頂くための一助(発想転換や息抜き)となるためのコンテンツにしたいと思っています。

私自身,企画に煮詰まったときに思い起こすのは,自分の中で価値のある重要な情報がどのようにして自分と接点を持ったか,またそのような体験は何をきっかけに起こったのか,さらにはそういった事象は別の人とどうやって共有され得るのだろうかということを考えます。また,自分の尊敬する人物や歴史上の人物がどのように着想し,それを形にし,他の人や社会とつながりを得たかについても考える事が多くあります。

今回は,さまざまな分野を横断して活躍している知的好奇心の強い方々をお招きして,彼らの中にある貴重なつながりと,つながりそのものに対する考察を引き出し,自らと世の中にセレンディピティ(意外で,価値ある出会いやつながり)を生み出す方法について議論してみたいと思います。

Web Site Expert編集部より

関心空間前田氏からのコメントにもありましたように,本誌でも,ネットサービスを企画し運用していくうえで「人と人とのつながり」「人と社会のつながり」に対するアプローチは大変重要と考えています。

本連載は,毎回「つながり」を中心軸に,前田氏と各分野で活躍されている方々との対談形式でお届けします。「過去に起きたこと」「今起きていること」「これから起きそうなこと」について,インターネットを含めたさまざまな分野の視点から切り込み,私たちの雑誌のコンセプト「Web戦略情報」と合わせた誌面作りを意識しています。

本連載でWeb制作における1つの答えを導き出すのではなく,本連載の対談自体が,皆さんの求めている答えを探すための刺激となればと思っています。

今回から始まった「Web Site Expert Academia」。第1回の対談相手は,独立行政法人産業技術総合研究所 情報技術研究部門 研究員の江渡浩一郎氏。『関心空間』とWiki,そしてつながりをテーマに,話が広がりました。

(つづく)

著者プロフィール

前田邦宏(まえだくにひろ)

株式会社関心空間 代表取締役。1967年兵庫県宝塚生まれ。1990年より公共機関や企業向けデジタルコンテンツの企画制作ディレクションに従事。1998年ユニークアイディ設立(現:株式会社関心空間)。2001年クチコミ情報コミュニティサイト「関心空間」を発表。同年に関心空間エンジンを利用したASP事業を,また2005年よりメディア事業を開始。

受賞歴:
2002年10月「関心空間」にてグッドデザイン賞新領域デザイン部門入賞。
2005年9月日本広告主協会WebクリエーションアウォードWeb人賞受賞。

コメント

コメントの記入