ZenphotoでかんたんWebギャラリー

第3回 画像を保護する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ギャラリーをWeb公開するとき,公開主は作品の内容や品質以外にもいくつかの懸念するべき点があります。一つは,一般に公開してよいものかどうか。もう一つは,第三者の二次利用を許可するかどうかです。

例えば,仲の良いグループで撮った写真であれば,一般の人には見せずにグループ内のメンバー同士のみでギャラリーを共有したいということがあるでしょう。また,一般に公開をするにしても,公開したギャラリーを第三者に自由に二次利用をされることを快く思わない人も少なくありません。

Zenphotoではそんな悩みから助けてくれるパスワード保護機能と,ウォーターマーク機能があります。今回は,前回作成したアルバムを利用して,公開しているギャラリーを保護する方法を紹介していきます。

図1 パスワードロック・ウォーターマークの例

図1 パスワードロック・ウォーターマークの例

ギャラリー全体をパスワード保護する

Zenphtoバージョン1.4からは,今までアルバム単位でしかできなかったパスワード保護だけではなく,ギャラリー全体のパスワード保護ができるようになりました。

ギャラリーの保護は簡単です。管理画面の「オプション」タブから,さらに「ギャラリー」タブを選択した後,ギャラリーのオプション設定ページで設定できます。

図2 ギャラリーのオプション設定ページ

図2 ギャラリーのオプション設定ページ

ギャラリーのオプション設定ページにある設定の項の1つ「パスワード」をクリックすると,以下の要素の入力を求めるパスワードを設定できます。

  • ゲストユーザ名
  • パスワード
  • パスワードのヒント

図3 ギャラリーのパスワード保護設定

図3 ギャラリーのパスワード保護設定

図4 パスワード保護を設定する入力フィールド

図4 パスワード保護を設定する入力フィールド

「パスワードのヒント」の項は必須ではないため,ゲストユーザ名とパスワードを入力後,⁠適用」ボタンを押しても設定が完了します。

管理ユーザとしてログインしてない状態で,パスワードで保護されたギャラリーにアクセスすると,⁠閲覧しようとしているページはパスワードで保護されています。」という文言と合わせてユーザ名,パスワードを入力する画面が表示されるようになります。

図5 ギャラリーのパスワード保護画面

図5 ギャラリーのパスワード保護画面

先ほど設定したゲストユーザ名とパスワードでログインすると,通常通りにギャラリーが表示されます。

図6 ログイン後に通常表示されたギャラリー

図6 ログイン後に通常表示されたギャラリー

著者プロフィール

一戸健宏(いちのへたけひろ)

株式会社ロクナナにて,主にWeb案件のディレクションや,CMSの構築などを担当しているクリエイティブディレクター。

Webだけでなくイベントや撮影など様々な案件を扱うロクナナでは,イベント受付や撮影助手の他,体格を活かして荷物・機材運びなどの力仕事で最前線に立つことも。

URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入