ZenphotoでかんたんWebギャラリー

第4回 複数ユーザーで管理する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ユーザー毎にサブアルバムを管理

それでは実際に,新規作成したユーザー同士でアルバムの投稿を行ってみます。

新規ユーザー「tomooka67」で管理画面にログインをすると,マスターアカウントとはメニューのタブの数が違うことがわかります。このように管理画面では,ログインしたユーザーの権限にあわせて,許可されている機能を表示するようになっています。

図5 制限ユーザーの管理画面トップ

図5 制限ユーザーの管理画面トップ

「アップロード」タブを選ぶと,⁠アップロード先」は前項で設定した「管理しているアルバム」が既に選択されている状態になっています。ここから新規アルバムの作成を行うと,すべてのアルバムは「http://<アップロードしたフォルダ>/Zenphoto/<管理しているアルバム>/」以下のフォルダとして公開されます。

図6 新規アルバムの作成

図6 新規アルバムの作成

例えば前回までの形に合わせて,⁠flowers」のアルバムを新規作成してアップロードを行うと,今までは,

http://<アップロードしたフォルダ>/Zenphoto/flowers/

というURLで公開されていましたが,1ユーザーのアルバムとしてアップロードしたため,以下のURLで公開されることになります。

http://<アップロードしたフォルダ>/Zenphoto/tomooka67/flowers/

ユーザー専用アルバム以下に公開される各アルバムのことを「サブアルバム」と呼び,⁠アルバム」タブの中のユーザー専用アルバムを選択後,⁠サブアルバム」タブから一覧の確認・編集することが可能です。

図7 ⁠tomooka67」のサブアルバムの管理画面

図7 「tomooka67」のサブアルバムの管理画面

もう一つの新規ユーザー「wakamatsu67」でも固有のアルバムをアップロードしました。各ユーザーは自らの管理下のアルバムのみ管理画面で閲覧・編集をすることができます。

図8 ⁠wakamatsu67」のサブアルバムの管理画面

図8 「wakamatsu67」のサブアルバムの管理画面

これで1つのギャラリーに2人のユーザーがそれぞれアルバムを公開していることになり,ギャラリートップではまずユーザー一覧が表示されるようになります。

図9 複数ユーザーのアルバムがあるギャラリートップ

図9 複数ユーザーのアルバムがあるギャラリートップ

ユーザー毎に独立して使うことができないアクション

各ユーザーの権限設定は個別に設定することができますので,マスターアカウントの管理者は,必要に応じてユーザー毎に権限レベルを調整することになります。しかし,以下のアクションは権限設定をどのように変更しても,ユーザー毎に独立して行うことはできないので注意が必要です。

  • 「http://<アップロードしたフォルダ>/Zenphoto/」フォルダ直下にアルバムを作成する
  • タグを作成・編集する
  • ギャラリーのオプションを設定する

これらのアクションはそれぞれ管理者レベルの権限が必要になり,ギャラリー内ですべて共通のアクションになります。アクションを行うと,ギャラリー内及び全ユーザー間に対してその効果が適用されます。権限設定の組み合わせは多数あります。色々なパターンを試して,最適なユーザー設定を行ってください。

いかがでしたでしょうか。今回までで,Zenphotoの基本的な機能の紹介は終了です。次回からは標準仕様からのカスタマイズを行うことでギャラリーにオリジナリティを演出する方法を紹介する予定です。

著者プロフィール

一戸健宏(いちのへたけひろ)

株式会社ロクナナにて,主にWeb案件のディレクションや,CMSの構築などを担当しているクリエイティブディレクター。

Webだけでなくイベントや撮影など様々な案件を扱うロクナナでは,イベント受付や撮影助手の他,体格を活かして荷物・機材運びなどの力仕事で最前線に立つことも。

URLhttp://rokunana.com/