ZenphotoでかんたんWebギャラリー

第5回 標準テーマをカスタマイズする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ロック画像のカスタマイズ

前述のウォーターマークと同様に,ロック画像も通常のものからカスタマイズすることができます。管理画面の「オプション」タブの中の「画像」タブから,ウォーターマークよりも下にスクロールした位置に「ロック画像を使用する」という項目があります。

図9 ロック画像の設定

図9 ロック画像の設定

項目の説明文を読んでみると,⁠images/err-passwordprotected.gif」とあります。ここで注意しなくてはいけないのが,このロック画像はテーマフォルダの中に入れるということです。

つまり,⁠http://<アップロードしたフォルダ>/Zenphoto/themes/選択しているテーマ/images/」というURLに,⁠err-passwordprotected.gif」というファイル名で新しいロック画像をアップロードすることで,ロック画像のカスタマイズを行えます。

ここでは,デフォルトのロック画像にテキストを加えて調整してみます。写真主体のギャラリーなら通常版でも問題ありませんが,イラストの中にロック画像が混ざった場合に見分けが付きやすいように考慮しました。

図10 オリジナルロック画像によるアルバムのロック

図10 オリジナルロック画像によるアルバムのロック

なお,ウォーターマークと違い,設定できるロック画像は1テーマにつき1パターンのみになります。

カスタマイズが反映されない時には

Zenphotoで画像に関連するカスタマイズを行っていると,管理画面上では設定変更が済んでいるのに,ギャラリーには反映されていない,ということがあります。

これはサムネイルや作品詳細画像に対して,Zenphotoがキャッシュ管理を行っていることが原因の一つです。そんな時は「アルバム」タブから各アルバムに対して,⁠アルバムキャッシュ」ボタンを押して,キャッシュの更新を行ってください。

図11 アルバムキャッシュボタン

図11 アルバムキャッシュボタン

各アルバムの編集画面からもキャッシュの更新は行えます。これで古い情報は強制的にリセットして最新情報を取得するようになります。

今回はここまでで終了です。作品以外は標準のまま進めていたZenphotoですが,ギャラリーの外観にオリジナリティを演出できるようになってきました。

次回はいよいよ最終回。テンプレートファイルの編集や,ソーシャルブックマークとの連動など,より実践的なカスタマイズ方法を紹介する予定です。

著者プロフィール

一戸健宏(いちのへたけひろ)

株式会社ロクナナにて,主にWeb案件のディレクションや,CMSの構築などを担当しているクリエイティブディレクター。

Webだけでなくイベントや撮影など様々な案件を扱うロクナナでは,イベント受付や撮影助手の他,体格を活かして荷物・機材運びなどの力仕事で最前線に立つことも。

URLhttp://rokunana.com/

コメント

コメントの記入