濃縮還元オレンジニュース

飲み会のお店決めや会計をパターン化した「幹事パターン」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

飲み会にてメンバーがエンジニアばかりになったとき,デザインパターンならぬ「幹事パターン」を使ってみてはいかがでしょうか。

この記事では,お店を決めるのに前回と同じ店にすることを「Iteratorパターン」,一度行った店は行かないことを「DRYパターン」など,幹事のコツをエンジニアになじみのある用語に置き換えています。この記事にトラックバックしている「naoyaの日記」http://naoya.g.hatena.ne.jp/naoya/20060614/1150312117でも幹事パターンを定義しています。どんどん利用して飲み会の進行をスムーズかつ楽しいものにしていきましょう。ただ,合コンなど,参加者全員に幹事パターンのコンテキストが通じない場ではあまりお勧めしません。

URLhttp://kanji.g.hatena.ne.jp/eto/20060614

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入