濃縮還元オレンジニュース

Subversionベストプラクティス

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

海外ブログ記事の翻訳です。海外でのイベント「OReilly Open Source Convention 2006」にてGoogleの社員が行ったセッション内容を箇条書きにしてまとめたものです。コミットの前後に仕掛けられるスクリプトの例やバージョン1.5でマージを追跡できる機能が追加される(trunkで入手可能な模様)など,参考になるTipsや情報が挙げられています。「コミット単位は小さくしよう」「チームにコミットメールを送ろう」など,Subversionに限らずバージョン管理を行う上での汎用的なポリシーについても言及しています。

URLhttp://www.akiyan.com/blog/archives/2006/11/oscon_subversio.html

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入