濃縮還元オレンジニュース

プログラムには「アルゴリズム」「データ構造」「インタフェース」の3つを揃えるべきである

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

1年ほど前の記事ですが考えさせられる内容だったので特別にとりあげます。プログラミング言語Pascalを設計したNiklaus Wirth氏が1975年に著した『アルゴリズム+データ構造=プログラム』注1をとりあげ,書籍中のプログラムが読み辛いことを指摘しています。そしてプログラムを作るにはもう一つの要素「インタフェース」が必要ではないか,と主張しています。この件について,多くのコメントやトラックバックで議論されています。

みなさんはプログラミングをする際,どういう点を意識しているでしょうか?

URLhttp://fukumori.org/diary/20051113.html#p01

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入