濃縮還元オレンジニュース

Sun Microsystems、GUI作成向けスクリプト言語「JavaFX」発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2007年5月にサンフランシスコで開催されたJavaOne 2007にて,Java VM上で動作するGUI作成向けスクリプト言語「JavaFX Script」が発表されました。これは,Sun MicrosystemsのChris Oliver氏が「JSR-223 Scripting for Java Platform」を使って開発した言語「F3(Form Follows Function)」の名称が変わったものです。

Hello Worldプログラムはリストのように記述します。コンパイルして動かすと図1のウィンドウが現れます。

リスト JavaFX ScriptでHello World

import javafx.ui.*;

Frame {
    title: "Hello World JavaFX"
    width: 200
    height: 50
    content: Label {
        text: "Hello World"
    }
    visible: true
}

図1 リスト1の実行結果

画像

すでにJavaFX Scriptを動作させる環境がjava.netの「openjfx」というプロジェクトで公開されています。言語仕様やチュートリアル,コードを書いてすぐに動かすことのできるJava Web Startデモ,NetBeansとEclipseのプラグインも用意されています。

AdobeのFlex 2やMicrosoftのSilverlightに続く,Sun Microsystemsによるリッチクライアントプラットフォームの技術になりそうです。

URLhttp://www.sun.com/software/javafx/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入