濃縮還元オレンジニュース

JRuby 1.0リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2007年6月10日にJRuby 1.0がリリースされました。

JRubyはJava VM上でRubyで書かれたプログラムを実行できる環境です。Ruby 1.8.5相当と動作上の互換性を持ち,Ruby on Railsを動かすこともできます。また,RubyプログラムにてJavaのオブジェクトを利用したり,JavaプログラムにてRubyスクリプトを評価したりすることができます。

たとえば,JRubyでSwingを使ったGUIプログラムはリスト1のようになります。swing.rbというファイル名で保存して「jruby swing.rb」と実行すると図1のようにSwingアプリケーションの画面が表示されます。

リスト1 JRubyでSwing

require 'java'
import javax.swing.JFrame

frame = JFrame.new("Hello JRuby")
frame.setDefaultCloseOperation JFrame::EXIT_ON_CLOSE
frame.pack
frame.setVisible true

図1 リスト1の実行結果

図1 リスト1の実行結果

Java VM上で動作するプログラミング言語実装にはJRubyのほか,JythonやRhinoのように既存の言語を実装したものから,GroovyやScalaのようなオリジナル言語まで非常に多く存在します。実業務で利用するには動作や今後のサポートなど不安な点がいろいろありますが,JRubyに関してはSun Microsystemsの社員がプロジェクトリーダをはじめとして携わっているため,いくぶんかの期待は持てそうです。まずは使い捨てのツールや簡単な社内ツールとして導入してみてはいかがでしょうか?

URLhttp://jruby.codehaus.org

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入