濃縮還元オレンジニュース

江島健太郎氏「日本のITイノベーションに足りないのは失敗経験」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Cometという技術を利用したWebチャットサービスLingrで有名な,インフォテリアUSAの社長である江島健太郎氏によるブログ記事です。

受託開発が多い日本では世界を揺るがすほどのイノベーションが生み出されることは難しい,という問題について書かれたブログ記事2つを取り上げ,失敗を恐れずもっと世に出すことを多く経験しよう,と主張しています。また,YouTubeやTwitterの創業者も過去にリリースしたサービスの経験を活かしたからこそ今の成功がある,とただの一発屋ではないことを述べています。

最近はlivedoor Readerの英語版であるFastladderが海外に向けリリースされたり,はてなの海外版であるHatena Inc.が本格的にサービス展開を始めたりなど,世界を視野に入れた挑戦が見られるようになってきました。この勢いがどんどん加速していき世界に向けたチャレンジが行いやすくなるよう我々技術者も頑張らなければいけません。

URLhttp://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/003996.html

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入