濃縮還元オレンジニュース

Subversion,Trac,Wikiを徹底活用した「masuidrive的プロジェクトの方針」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Ruby on Railsに関するTipsをブログで公開したり,Niftyのサービス「アバウトミー」の開発に携わったり,お風呂に入っているときでもコーディングしていたりと,さまざまな方面で有名なプログラマ,masuidriveこと増井雄一郎氏によるプレゼンテーション資料です。「品質が高いアプリケーションをいかに早く作るか」をテーマにさまざまなルールや手法をまとめています。

  • 会議は資料を前日までに用意し,進捗確認を行う場にしない
  • 全員の作業状況は常に確認できるよう公開する
  • 企画書を含むすべてのファイルをSubversionで管理する
  • 作業依頼,議事録,仕様は,TracのチケットやWikiで形として残す
  • 期日に間に合わない場合は機能を減らす
  • 手作業はできるだけコマンド化する

増井氏が「いかに効率よく開発するか」に主眼を置き洗練していった様子が伝わってきます。

URL
http://blog.masuidrive.jp/index.php/2007/07/11/masuidrive-working-style/

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入