濃縮還元オレンジニュース

鵜飼文敏氏による「Googleのソフトウェアエンジニア」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2007年5月31日に行われた「Google Developer Day 2007」での,GoogleソフトウェアエンジニアでありDebian Projectなどのオープンソースプロジェクトにも関わっている鵜飼文敏氏によるセッション「Software Engineer in Google」の動画です。あまり公に出ることのないGoogleでの仕事のやり方などについて詳しく語っています。

  • 1プロジェクトは2~6人で構成され,ほぼ全員が設計やコーディング,テストまで行う
  • Snippetと呼ばれる週報やブログで各自の進捗を確認できる
  • 設計書などはWikiやGoogle Docs & Spreadsheetsで書く
  • 利用するプログラミング言語は,C++,Java,Python,Sawzall(社内),JavaScript,ActionScriptなど
  • Perforceでソースコード管理を行い,Mondrianという社内ツールでレビューを行う
  • 四半期ごとに目標と成果を,個人,チーム,会社レベルで評価する

また「Tech Talk」と呼ばれる技術発表会が毎日のように行われており,社外の講演者を招いたものに関してはGoogle Videoにて公開しているようです。ちなみにGoogle Videoで「user:"Google engEDU"」と検索すると全Tech Talkの一覧を得られます。

URLhttp://www.youtube.com/watch?v=pc-IQkVmOdI

著者プロフィール

角田直行(かくだなおゆき)

普段はお仕事でPHPやJavaを使ってWeb開発をしています。一部でセレブエンジニアとか言われてますが,全然セレブじゃありません。

コメント

コメントの記入